Surface RT正式値下げ(とSurface RTに関する雑感)

2013.07.17 雑記 ライター:__agar

どうもなかなか売れず投げ売りされる気配を漂わせているSurface RT。キャンペーン価格が正式価格になってしまいました。

日本でのSurface RTの定価は49800円です。必需品とも言えるあのカバーは別売り。合わせたら5万円台ですから正直言って強気の値段設定でしょう。

案の定売れ行きは伸びず6月からはキャンペーン価格に。39800円になりました。このキャンペーンは7月14日まででその後の動きに注目していたのですが、大方の予想通りというかなんというかキャンペーン価格がそのまま新しい定価になりました。

しかし私の周りのガジェット好きの人たちを見る限りこのキャンペーンで買った人はあまりいないのです。この値下げをもってしてもまだ釣り合わないといったところでしょうか。否定的な声のほうが多く耳にします。

個人的には言われているほど悪いものではないと思うのです。Windows RTというOSはWindows 8と外観がまったく同じせいで、あるいはWindows 8の下位グレードかのような扱いのせいで、どうしても使い道の狭い役立たずかのような見方をされてしまいがちですが、まったく別物のOS、タブレット用のモバイルOSとして正しく見てあげればそう悪くないものだと思うのです。

どうもWindows RTやその代表機であるSurface RTは多くを期待しすぎた人たちのせいで駄作の扱いを受けているように思えて少し悲しいですね…。

…なんて言っている人でさえ1万円の値下げを受けても買おうとしないあたりがこのガジェットの悲哀かもしれません。