Xperia以外の端末にも導入できるホームアプリ「Xperia Launcher」のHonami版が登場

2013.07.22 雑記 ライター:__agar

Xperiaのホームアプリはシンプルながら使いやすく、他機種でも使いたいという声も多いです。
そこで海外のデベロッパーたちが集まるサイトXDAではXperiaのホームアプリをベースに機種を問わずインストール可能にし、独自に追加機能もつけた「Xperia Launcer」というものが作られています。このXperia Launcherの最新版が登場していたのでレビューします。

今回の新しいXperia Launcherは先日流出した次期Xperia、”Honami”に搭載されるXperiaホームをベースに作られています。Honamiのホームアプリを早く使ってみたい人にもおすすめです。

Screenshot_2013-07-22-14-28-47
早速インストールしてみます。

Xperia以外の端末に入れられるのも利点ですが、Xperiaに入れた場合はこのようになります。
Screenshot_2013-07-22-14-29-00
あくまでも別のアプリなので今までの仕様のXperiaホームと共存できます。使い慣れた現行バージョンと簡単に切り替えられるので気軽に最新版を体験できて良いと思います。

Screenshot_2013-07-22-14-45-49
ホーム画面はこのようになっています。基本的にはZ以降のホームと似た外観ですが、ドロワーアイコンのデザインが変わりましたね。

今回変わったのは主にドロワーです。
Screenshot_2013-07-22-14-32-55
まずこちらが現行のXperiaホームのドロワーです。

Screenshot_2013-07-22-14-32-11
そしてこちらが新しいドロワーです。
どうでしょう、余計な表示が減ってかなりすっきりしたと思います。個人的には新しいデザインのほうが良いと感じました。

では今までドロワーの上に表示されていた項目はどこに行ったのかと言うと…
Screenshot_2013-07-22-14-32-18
ドロワー展開時に左端からSwipeするとこのようなメニューが出てきます。最近流行のUIですが画面がごちゃごちゃせずに済むので良いですね。
最下端のLauncher Settingという項目はXDAのXperia Launcher独自の機能なので本来のXperiaホームにはありません。

4.0以降のXperiaホームでごちゃごちゃしていると感じられたドロワー部分のUI変更がとても良い方向に進んでいて、また動作も改善されています。ホームのスクロールはもちろんですが、一番動作の改善が感じられたのがドロワーを開く際の挙動です。動作速度、UIともにとても素晴らしいホームアプリだと感じたのでこの新しいホームアプリを搭載するXperiaの発売が楽しみです。