Androidスマートフォンの回線速度を測るスピードテストアプリの比較

2013.08.10 Androidアプリレビュー ライター:__agar

みなさんはスマートフォンでスピードテストをしたことはあるでしょうか。マニアックな方でないとあまりないかな…とも思うのですがそういったアプリがいくつかあります。スマートフォンで接続しているLTE/3Gなどのモバイル回線やWi-Fiなどの回線速度を測るためのアプリです。今回はAndroid向けのスピードテストアプリの比較を行っていきたいと思います。


Speedtest.net 2.0.9
カテゴリ: ツール
販売元: Ookla
サイズ: 3.0M
インストール数: 10,000,000~50,000,000
更新日: 2013年6月12日
対応OS: Android1.6 以上
平均評価: 4.5 (115,123件の評価)
Google Playで詳細を見る

まずスピードテストアプリの中では最も知名度が高いと思われるのがこちらのspeedtest.netです。使用者も多く、またiOSやWindows Phoneにも提供されているので同条件での比較がしやすいというのがひとつのメリットでしょうか。また、計測履歴もしっかり保存されるので後から確認できます。
Screenshot_2013-08-10-13-46-33
その一方でiOS版やWindows Phone版には用意されている共有機能が実装されていないためスクリーンショットを撮っての投稿しか共有手段が無いことは不便です。
また、接続先サーバーが任意で選べることも特徴ですがその接続先によって測定結果が大きく左右されてしまうので正確さに欠けます。
ポピュラーだが特に秀でているわけではないという印象を受けます。

RBB TODAY SPEED TEST 1.0.4
カテゴリ: ツール
販売元: 株式会社イード(IID, Inc.)
サイズ: 1.4M
インストール数: 100,000~500,000
更新日: 2013年6月10日
対応OS: Android2.3.3 以上
平均評価: 3.7 (243件の評価)
Google Playで詳細を見る

次にご紹介するのがRBB TODAY SPEED TESTです。こちらにはいくつかの長所があります。
Screenshot_2013-08-10-13-47-09
まずは測定する回線の種別や測定地などを細かく選択できることです。ここで設定した項目は計測画面にも表示されるので後述のSNS共有機能を使わずスクリーンショットで結果を保存しておく場合に便利です。
Screenshot_2013-08-10-13-48-00
計測後にはFacebook,twitter,mixiの中から任意のSNSに結果を投稿することもできます。
このように機能面で優位な点があるのですが一つ残念なのが計測履歴がないことです。ここはせっかく測定画面に回線種別や測定地を細かく表示できることを生かしてスクリーンショットで保存しておくと良いかもしれません。
また、計測精度の面でも、混雑時(つまり同時に測定している人が多い場合ですね)には測定を待機させるなどの配慮が見られspeedtest.netより精度の高い計測が期待できます。
今回紹介する3種類の中では最も機能面と精度のバランスがよく万人に勧められるのはこのRBB TODAY SPEED TESTだと思います。

Network Speed Test 1.2.1
カテゴリ: ツール
販売元: MobileSpeed.org
サイズ: 19k
インストール数: 100,000~500,000
更新日: 2010年12月10日
対応OS: Android1.6 以上
平均評価: 3.3 (212件の評価)
Google Playで詳細を見る

最後に紹介するのはNetwork Speed Testというアプリです。こちらは機能面では前の2つが上ですがとにかく精度を求めるのであればこちらがおすすめです。
Screenshot_2013-08-10-13-48-15
こちらが計測画面です。
Screenshot_2013-08-10-13-48-53
測定結果はブラウザでの表示になります。履歴もCookieで保存されるようです。
ストイックに精度の高い測定をしたい上級者向けといったところでしょうか。