MicroSoft Wedge Mobile Keyboardとfor businessの違い

2013.08.01 雑記 ライター:__agar

タブレットなどに使うbluetoothキーボードとしてMicroSoft Wedge Mobile Keyboardを検討したことのある方も多いと思います。

縁のないシンプルで美しいデザインも素晴らしいですし、持ち歩きの際に使える蓋は取り外してタブレットのスタンドにもできます。また、Windows 8のために設計していながらMac OS XはもちろんAndroidやiOSなどのモバイルOSでの使用まで考慮している汎用性の高さも魅力で、MicroSoftの作るハードウェアには良品が多いという期待を裏切らない代物です。

ところで、このWedge Mobile Keyboardを購入するとあることに気付くと思います。

マイクロソフト ブルートゥース キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022
マイクロソフト (2012-09-07)
売り上げランキング: 6,058

こちらが通常のWedge Mobile Keyboardです。

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard for Business Bluetooth U7R-00022
マイクロソフト (2012-09-14)
売り上げランキング: 853

こちらはWedge Mobile Keyboard for businessです。

一見まったく同じ商品に見えると思いますがその通りで、商品内容自体はまったく同じものです。

唯一の違いはfor businessのほうはその名の通り業務用、オフィスなどでの導入を考慮しているためパッケージが簡素化されています(通常版を購入されると分かるかと思いますがかなり凝った梱包なのです)。

パッケージなどどうでもよいから少しでも安くWedge Mobile Keyboardが欲しいという方であればfor businessのほうが良いと思います。一般の小売店には流通していないので家電量販店などに行くとfor businessは置かれていませんが、Amazonでは個人でも通常通り購入できます。