宣伝ツイートに便利なツール「Buffer」を使ってみる

2013.10.12 Androidアプリレビュー ライター:__agar

twitterやFacebookなどでの宣伝を効果的に行えそうなアプリ、Bufferを試してみました。


Buffer (Twitter, Facebook) 3.3.3.1
カテゴリ: ソーシャルネットワーク
販売元: Buffer
サイズ: 端末により異なります
インストール数: 100,000~500,000
更新日: 2013年10月11日
対応OS: Android2.2 以上
平均評価: 4.3 (3,493件の評価)
Google Playで詳細を見る

どのようなアプリなのかと言いますと、twitterに投稿したいメッセージを書きためておいて後ほど送信するというのが1つ目の機能です。Bufferという名前はここから来ているのでしょう。

Screenshot_2013-10-12-13-19-29
投稿する時間は自分で指定することもできますが…
Screenshot_2013-10-12-13-11-19
指定しなくても自動で効果的な時間を割り出して設定してくれます。どの程度効果があるかは分かりませんが下手に考えるよりは良いかもしれませんね。

Screenshot_2013-10-12-13-15-39
実際にこのブログのtwitterアカウントで過去の記事の宣伝をしてみます。
通常のtwitterクライアントでのツイートと同じようなスタイルですが、最後に右上の「BUFFER」を押して下書きの状態にします。
「SHARE NOW」を押すと予約投稿ではなくリアルタイムで送信されます。

Screenshot_2013-10-12-13-19-54
いくつかのツイートをbufferしてみました。投稿時間はすべて自動設定でおまかせしたところこのように割り振られました。

ちなみにBufferの投稿画面はインテントで呼び出せるのでブラウザやRSSリーダーなどからの共有で宣伝用のツイートをすぐに書くことができます。
Screenshot_2013-10-12-13-16-42

Screenshot_2013-10-12-13-11-28
Bufferには投稿のための機能の他に、投稿した後にその投稿への反応やクリック数を集計する機能があるそうです。
まだ投稿予約をしたのみなので表示されていませんが、結果が出たら改めて紹介したいと思います。