2年間Android端末を使ってきて入れ続けているアプリ

2013.10.07 雑記 ライター:__agar

DSC_0176

個人的な話ですが、携帯電話としてAndroid端末を使い始めて今月で2年になります(Android搭載端末を触り始めてからということならもう少し長くなりますが)。HT-03Aの頃からAndroidを使っている方々、あるいはW-ZERO3などのWindows Mobile端末の時代からスマートフォンを使っている方々と比べれば新参者もいいところですが、結構経ったものだなあと思ってみたりもするのです。


2年契約をしっかり守って2年間ひとつの機種を大切に使うような良いユーザーではないのでこの2年間の間にいくつかの機種を使ってきています。
その新たな機種を迎える際に必ず付き物になる作業が初期設定です。

もちろん、googleアカウントをはじめとした各種のアカウントのログインなどもそうですが、ことにスマートフォンの場合は様々なアプリを入れて自分の使いやすい状態に整えるところまで初期設定かなと感じています。

初めてのスマートフォンならともかく2機種目、3機種目となっていけばその環境を整えるという作業をするにあたって、自然と「前の機種と同じ使い勝手が得られるように整えていく」という方向に向かっていくということに気付きました。せっかくの新しい端末なのに実につまらないことのようにも感じますが、慣れたものが一番使いやすいというのもまあそれはそうか、と思えるところです。

さて、本題に戻りましょう。2年間、いくつかの機種を使ってきて毎回入れてきているアプリについてです。
結論から言うと、プリインストールのアプリを除いて考えれば、自分の場合この2年間変わらず入れているものは以下に挙げるアプリだけです。

ES ファイルエクスプローラー
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: ES APP Group
サイズ: 端末により異なります
インストール数: 10,000,000~50,000,000
更新日: 2013年9月29日
対応OS: Android端末により異なります
平均評価: 4.7 (335,673件の評価)
Google Playで詳細を見る

1番に入れるのがESファイルマネージャーです。

twicca 0.C.5
カテゴリ: ソーシャルネットワーク
販売元: Tetsuya Aoyama
サイズ: 2.6M
インストール数: 1,000,000~5,000,000
更新日: 2013年9月2日
対応OS: Android1.6 以上
平均評価: 4.5 (48,543件の評価)
Google Playで詳細を見る

もう1つはtwitterクライアントのtwiccaです。

この2つだけです。自分でもこんなに少ないのかと驚きましたが、Androidを使いはじめた頃から変わらず使っているサードパーティーのアプリはこの2つだけでした。

元々自分はあまりたくさんアプリを入れておくほうではなく、使わないアプリもどんどん消して行かないと落ち着かないタイプですが、それでも必需品だと感じているアプリはたくさんあります。IME、ブラウザ、様々なSNSのクライアントアプリなどそれぞれにお気に入りのものはあります。

ではなぜそれらのお気に入りかつ必需品だと思っているアプリが使い続けているものではないのか、それは使っていくうちに移り変わりがあったということになるでしょう。
自分の好みが変わったという理由もあれば、今まで知らなかったもの、あるいは新たなものが登場したということもあります。
例えば、始めの頃は私はAndroid端末で使うブラウザはプリインストールの標準のものを使用する派でしたが、Android 4.0以降で使用できるようになったAndroid版Chromeが出てからはそちらを使い続けています。
自分にとって必要なアプリ、あるいは一番良いと思うアプリといったものは変わり続けているということでしょう。

それと、もう一つ感じていることがあります。おそらくこの記事に検索経由で来られる方は「おすすめのアプリ」を探しているのではないかと思うので申し訳ないとは思うのですが、「他人のおすすめするアプリをどんどん入れていっても自分にとって使いやすいかは別」ということです。

もちろん、知らなかったアプリに出会えることもあるのでおすすめのアプリを聞くのはいいことに違いないのですが、スマートフォンでやりたいことやアプリに求めている機能、また、どんなデザインが使いやすいと思うかなど人それぞれです。

今でもあると思うのですが初めてスマートフォンを買った頃に、Androidのおすすめアプリ集と言った類の本を買ってみたことが一度あります。その本には少なくとも100個以上のアプリが載っていたと思いますが、その中から実際に使ってみようかなと思ったものは数個でした。ましてやその後も使い続けるようになったものはない…というのは「2年間使い続けているアプリは2個しかない」ということからもお分かりいただけるかと思います。
また、道楽でスマートフォンをころころ変えたり使い分けたりするようになってからは周りからもある程度詳しい人のように見えるのか、スマートフォンについて聞かれるということもしばしばあります。その中で「おすすめのアプリとかない?」という質問にはどうも的確な答えを出せませんでした。自分にとって良いと思うアプリはそれなりにあるにせよ、そんなものは人それぞれだと気付いているだけに勧めるものとなると首をひねってしまうというわけです。

やはり、アプリを探したりあれこれ試して自分にとって使いやすいものにしていくというのもスマートフォンの楽しみの一つなのかなと思います。
もちろんそういった部分を手間と感じる人もいるはずですし、最近の機種はそういった箱から出したままの状態である程度の使い勝手を求める人にも良い方向に向かっているなというのは感じます。それでもせっかくスマートフォンを手にするならそういった楽しみに気付く人が少しでも増えると楽しいのだけれどとは少し思ってしまいますね。

誰に向けて書いているのか、何が言いたいのかよく分からない雑談めいた記事になってしまいましたが最後までお読みくださってありがとうございます!今後ともGeekDaysをよろしくお願いします。