INFOBAR A02(HTX21)レビュー (1:開封編)

2013.10.01 ガジェットレビュー ライター:__agar

メインの携帯電話として使用していたXperia VL(SOL21)の調子が悪くなり、そろそろ買い替えようかと思っていたところ偶然お手頃な価格で発見したINFOBAR A02を購入しました、数回に分けてレビューしていこうと思いますが、ひとまず到着しましたので開封レビューをします。


衝動買いといえば衝動買いなのですが、一応HTX21を選んだそれなりの理由はあります。

・au LTE対応
・5インチ級ではない
・フルHDではない
・Android 4.1以上
・RAM 2GB

といった条件で検討していました。
求める条件に大体当てはまる機種はいくつかあったのですがどれも何かしらに当てはまりませんでした。

例えばLGL21ですとAndroid 4.1にアップデートされておらず、このHTX21ですとRAM 1GBで、KYY21(URBANO L01)だと条件にはすべて当てはまるものの白ロム流通が少なく割高になってしまう、といった具合です。
そのようなことからRAM容量こそ条件に合わないものの比較的良い条件で購入できたHTX21を選んだ次第です。結果的にはこの機種はRAM 1GBだからといって現状では特に足りないということもなさそうですし良い選択だったように思います。

さて、話がそれてしまいましたが早速開封していきましょう。
DSC_0152
本体のみで特に付属品はないということもあってかなり小さめの箱です。手前に置いたRAZR(IS12M)と比べてもその小ささが分かるかと思います。

DSC_0165
オンスクリーンキーの端末なので前面は非常にすっきりしています。写真はブートアニメーションの一部です。

DSC_0156
液晶部分はラウンドガラスで、側面も丸みを帯びているので前面から背面にかけてなめらかにつながっています。美しいですが保護フィルムを貼りたい方は困るかもしれません。

DSC_0157
歴代のINFOBARシリーズの中ではINFOBARらしくないと言われることの多いA02ですが、電源キーや音量キーなどの配色がINFOBARであることを思い出させます。

DSC_0161
防水なのでmicro USB端子には蓋がついています。

DSC_0163
イヤホンジャックはキャップレス防水のようです。

DSC_0155
裏面は特に装飾もなく、またプラスチックそのままな質感でつるつるです。この部分は正直どうにかならなかったのかと思いますね…

DSC_0160
裏蓋は取り外しできます。バッテリーの交換もできるので複数のバッテリーを用意しておけばローテーションすることもできるでしょう。

DSC_0168
INFOBARならではのiida UIを搭載しています。
独特のアニメーションや効果音などなかなか楽しいUIです。

次回はソフトウェアのほうもレビューしていきます。