Xposedモジュールを使ってIS12Mのセルスタンバイ対策を試みる

2013.10.10 雑記 ライター:__agar

先日も書いたようにネット上の情報を参考にしつつ、IS12MでのWCDMAの使用、SIMロック解除を色々試してみています。
docomo SIMでデータ通信するという目標自体は前回一応達成できていますが、不安定なところがあったり、またMVNO SIMでは不都合があるのでもう少し試してみようということで今回に至ります。


本題に入る前に、ROMやrecoveryツールなどの構成が前回と大分変わってしまったので検証環境の紹介をしておきます。

まずWCDMA運用のための前提ではありますが、bp.imgをIS12MのものからXT912のものへ入れ替えてあります。これは前回と同様です。

次にカスタムROMやmodの導入、パーティションの設定や切り替えに使用するrecoveryツールですが、前回使用していたBoot Menu ManagerではなくSafestrapというものに変更しました。どちらもPlayストア経由で導入できるので手間はそう変わりません。
変更した理由は、少しSIMロック解除関連から離れてUbuntu touchを焼いて遊んでみた際にBoot Menu Managerでは焼けなかったから移行したというだけのことであってあまり深い意味はありません。ですが、結果的にはBoot Menu Managerを使用していた際には焼けなかったCM 10.2の導入に成功したので良かったかもしれません。
Boot Menu Managerとの違いとしては、各パーティションのサイズの設定がしやすく、またBoot Menu Managerでは必要だったブート設定の項目がSafestrapにはなく、おそらくそのあたりは自動で判別するようになっているのではないかというところです。

カスタムROMは前回使用したEclipse 1.5というXT912のAndroid 4.0ストックROMをベースにしているカスタムROMの使用をやめ、Cyanogenmod 10.2(Android 4.3)を使用しています。
Screenshot_2013-10-10-18-12-33
IS12Mではスペック不足なのか動作はあまり良くないですが、あくまで検証のためなのでとりあえず動いていてくれればよしです。

これらの環境を整えた上でひとまず状況を確認するために前回同様biglobeのMVNO SIMを入れて起動してみました。
APNを設定するとアンテナピクトはやはり前回同様立ちませんでしたがパケットは流れている様子。
唯一前回と違った点は「アンテナピクトは立たないが3G↑↓のマークは出て通信できている」というMVNO SIMでありがちな状態ではなく、「アンテナピクトは立たないす3G↑↓のマークも出ないが通信はできている」という変わった状態でした。このような状態は初めて見かけました。

さて、今回試してみようと思ったのはXposedフレームワークを使用するmodを使ったセルスタンバイ対策です。これをすればIS12MでもMVNOでアンテナピクトが立つ可能性があるのではないかと考えました。

初めて耳にするという方もいらっしゃるかもしれませんが、Xposedというのは最近よく使われているmod適用のためのシステムです。
今までならばCWMなどのカスタムリカバリーを使ってzip形式のmodを適用することが多かったかと思いますが、Xposedの場合はXposedインストーラと適用したいmodそれぞれをapkでインストールすることで使用できます。
素人なので技術的な説明ができなくて申し訳ないのですが、modをお借りして使わせてもらう側のメリットということで考えてみますと、Xposedインストーラのアプリ上で導入済のmodを一覧して管理でき、必要に応じて有効/無効が簡単に切り替えられるというところでしょうか。

このXposedモジュールとしてセルスタンバイ対策のためのものを作られている方は何人かいらっしゃるようで、今回は2つ試してみました。

はじめに、データSIMのセルスタンバイ問題、アンテナピクトのパッチをXposedのモジュール化してみた(ひまづぶし様)のDatasimpacherを適用してみます。
Screenshot_2013-10-10-18-22-11
残念ながらCM10.2のIS12Mでは効果は確認できませんでした。Android 4.3であることが原因かとも思いましたがリンク先のコメント欄を見るとそういうわけではなさそうです。

次に、Android + docomo MVNO データ通信専用 SIM のセルスタンバイ&アンテナピクト問題対策 Xposed モジュール(ブローヴちゃん様)のDocomoSimPatcherを適用してみます。
Screenshot_2013-10-10-18-32-40
競合する可能性を考慮して先ほどのDatasimpatcherはオフにした状態で確認してみます。

Screenshot_2013-10-10-18-56-15
こちらもアンテナピクトが立つようにはなりませんでした。

Screenshot_2013-10-10-18-56-25
しかし、標準状態では出なかったキャリア名やH/3Gの表示、通信中の↑↓表示などが出るようになったのでまったく効果が無いというわけではなさそうです。

正確な原因は分かりませんが、OSバージョンの違う他のROMでも改めて検証してみる予定です。