EMOBILE Nexus 5 モニターレビュー(4日目:Googleサービス編)

2013.11.25 ガジェットレビュー ライター:__agar

「Nexus 5 モニターキャンペーン」に参加中です。今回はNexus5のプリインストールされている、各種Googleサービスのアプリを見て行きたいと思います。


Nexus5はpure androidなNexusシリーズの最新機種ですから、プリインストールされているアプリはこれまで同様に最小限です。
初期状態でドロワーの並んでいるものを書き出してみます。

・カメラ
・カレンダー
・ギャラリー
・ダウンロード
Googleドライブ
・ニュースと天気
ハングアウト
マップ
・メール
・時計
・設定
・電卓
・電話
・連絡帳
Earth
Gmail
Google検索
Google+
Google+フォト
・Google設定
Keep
Playゲーム/Playマガジン/Playストア/Playブックス/Playミュージック/Playムービー
・Quickoffice
Youtube

29個、ホーム画面のドロワー2枚分とかなり少なめです。
確かに少ないといえば少ないのですが、一方で「それ最小限?いるの?」というものも結構あるように思います。

太字で書き出してみたものはGoogleの各種サービスのアプリです。この中にももちろんPlayストアやGmailなどほぼ必須とも言えるものもありますのでそれはそれで良いのですが、一方で個人的にはあまり使ったことがないなというサービスもありました。おそらく筆者と同様にAndroidスマートフォンユーザーでもあまり使っていないというものはあるのではないでしょうか。しかしGoogleが厳選されたNexus5のプリインストールアプリとして選んでいるサービスであるというのもまた事実です。今回はそんな「Googleの提供するサービスを活用する端末」としての側面からNexus5を見てみたいと思います。

まずはGoogleドライブ。クラウドストレージサービスの一種です。
Screenshot_2013-11-23-01-03-41
特に特筆することもないかと思いますが、この手の物は一度使いはじめるとなかなか他の類似サービスに移行しようというのも面倒ですし変えない方が多いかもしれません。私もDropboxをメインに使っているのであまり利用していません。ただ、これからクラウドストレージを何か使ってみようという方ならお手持ちのGoogleアカウントでそのまま使い始められるGoogleドライブが楽ではあるかもしれません。

Keepはメモアプリです。
Screenshot_2013-11-23-01-04-01
他端末との同期ができたり、メモに日時を指定して通知させることもできるなど、なかなか活用できそうなツールでした。

PlayゲームはiOSのGame Centerに近いサービス。
Screenshot_2013-11-23-01-02-53
フレンド機能や実績などの機能があります。スマートフォンでゲームをする機会が多い方なら楽しいかもしれません。

Playミュージック/Playマガジンは国内ではサービス非対応(Playミュージックはローカルに保存している音楽ファイルの再生は可能です)。
Screenshot_2013-11-23-01-02-44 Screenshot_2013-11-23-01-00-23 Screenshot_2013-11-23-01-00-18
特にPlayミュージックのほうは著作権などの関係で国内では難しいようですが、どちらともいつか日本でも楽しめるようになると良いですね。

PlayムービーはPlayストアから映画を購入して鑑賞できるアプリです。
Screenshot_2013-11-23-01-00-43 Screenshot_2013-11-23-01-00-55
無料の短編映画が見られるということで試してみました。鑑賞中はステータスバーとナビゲーションバーが非表示になるので全画面表示でコンテンツに没入できます。余談ですが再生中はスクリーンショットは撮れないようになっていました。

Playブックスです。こちらもPlayストア経由で書籍を購入して楽しむことができます。
今回は無料で読める「こころ(夏目漱石)」で表示テストをしてみました。
Screenshot_2013-11-23-01-37-39

Screenshot_2013-11-23-01-37-55 Screenshot_2013-11-23-01-38-12 Screenshot_2013-11-23-01-38-18
こちらもAndroid 4.4の全画面表示に対応しています。16:9の画面で文庫本ということに無理があるのか、あるいはレイアウトが不自然なのか分かりませんが、ページの切り方などに若干違和感があるように感じました。じっくり読むには電子書籍端末などには敵わないでしょうが、物によってはうまく活用できるかもしれませんね。

メールはGmail,クラウドストレージはGoogleドライブ,忘れそうなものはKeepにメモ、Google+やハングアウトで友人と語り合い、Playムービーで映画を見たり、時にはPlayブックスで読書をしたり…そんなGoogleアカウント1つですべてをこなすようなスマートデバイスの使い方をGoogleとしては提案しているのかもしれません。考えてみればGoogleアカウント1つでこれだけのジャンルのサービスを利用できるというのはすごいことですし、楽ではありますよね。もっとも1社にすべてを任せてしまうのは怖いので個人的には様々な会社のサービスをジャンルによって使い分けていますが…

そこまでどっぷりGoogleの提供する世界に浸ろうわけではなくてもNexus5を購入したらぜひ1度、「プリインストールのアプリなんて使わないし邪魔なだけ」と見向きもしないのではなく、どれか触ってみても良いかもしれません。
なぜおすすめするかというと、当たり前のことではあるのですが「Androidの新機能をいち早く取り入れていくのはGoogle自身のアプリだから」です。現時点でのAndroid 4.4の新機能という意味でもそうですし、今後より新しいOSで新しい機能が追加されたときでもおそらくそれは変わりません。せっかく最新のOSを常に使えるNexus5を持つのなら、それらの新機能を最初に楽しめるGoogleのサービスを使っておいて損はないのではないかと感じました。