EMOBILE Nexus 5 モニターレビュー(6日目:使い勝手)

2013.11.27 ガジェットレビュー ライター:__agar

「Nexus 5 モニターキャンペーン」に参加中です。今回は普段使いの端末としての使い勝手という点からNexus5を見てみたいと思います。


DSC_0421
ほぼ素に近いAndroid OSを搭載し、一般のAndroid端末とは少々趣向の異なるNexusシリーズの最新機種であるNexus5。
そのコンセプトからしてユーザーの使い勝手を考えたメーカー独自のUIや追加機能、あるいはその市場に合わせた機能(日本でいえばFeliCa,赤外線通信,ワンセグなど)はありませんし、そういった多機能さや親切さのような物差しで見る事自体が間違いな機種ではあります。

しかし、そういった生い立ちである一方で、同時期の最新機種と肩を並べる基本性能でありながら比較的抑えられた価格、また前述のことから余分なものが一切無いことも人によってはプラスのポイントとなるでしょうし、ごく普通のユーザー目線でも十分に魅力ある、選択肢の1つとなりうる機種でもあります。

そこで今回はあえて、Nexus5をごく普通のスマートフォンユーザーがメインの”携帯電話”として使うことを考えるなら、どのような部分が長所となり短所となるのか、その使い勝手を考えます。

まずは長所のほうから。

1.余分なものがない
他の多くのAndroid端末…特に日本国内のキャリア経由で買うものには顕著なのが、「買った時からいらないアプリが大量に入っている、場合によっては消せない」というもの。最近の機種ならストレージに余裕があるものが多いのでそう困ることでもなくなってきていますし、Android 4.0以降なら消せないプリインストールアプリでも一部を除いて無効化できますが、そういった余計なものに手間をかけさせられることがないというのは精神衛生上良いかもしれません。

2.「地雷」にならない安心感
スペックの割に動作が悪い,電池が持たない,不具合が出た…etc、そういった「地雷」端末になる確率が少ない、ということは言えるかもしれません。もちろんゼロではありませんが、素のAndroidかつそれを動かす環境として想定されている無理のない性能のハードという組み合わせですから安心感はあります。
同時期の他の端末比較した時に一番良いということではないのですが、極端なハズレや後悔する買い物にはなりにくいです。

3.安い
ハードウェア,ソフトウェアどちらの面から見ても余分なものがない分、同時期、同等スペックの機種と比べて買いやすい値段です。
余計なものが削がれているとは言っても、4.95インチフルHDディスプレイ,SoCはSnapdragon 800(MSM8974),RAMは2GBと基本的な性能は現時点でも他の最新機種と同等なことも良いところです。割り切れるならコストパフォーマンスは非常に良いと言えます。

4.確実なアップデート
2年契約が基本のような形で浸透し、長く使うことが多い日本のスマートフォンユーザーにとってNexusシリーズを選ぶ意味が十分にあるのではないかな、と個人的に一番思うポイントはここです。

各メーカー/キャリアから販売される一般的なスマートフォンなら、OSのアップデートが行われるまでに、メーカー側でのその機種にアップデートを行うかの判断、またキャリア側での判断があり、アップデートを行うのはメーカー/キャリアどちらの立場から見ても手間となる上にお金もかかる、もっと言ってしまえば既に売ったものにアップデートをしようとしまいと一銭の利益にもならない…そんな思考に至るのか、まだまだ最新のOSを十分に扱えるだけの余力のある新しい機種がアップデートを打ち切られてしまう、そんな残念な出来事も起きてしまいます。

その点はNexus5なら安心です。Nexusシリーズには発売開始から18ヶ月の間は最新のOSを提供し続けることが発売元でありAndroid OSの開発元でもあるGoogleから確約されています。アップデートが終わってから半年程度ならそう困ることはないでしょうし、これなら2年間使える保証が十分にされているといえるでしょう。

ついでに言えばOSアップデートが来る時期自体も他のどのメーカーの端末よりも速いですから、少なくとも18ヶ月間は常に最新のOSにアップデートされつつ気持ちよく使えます。

それからもう一点、これはイーモバイル版ならではのことですが
5.EM版なら故障時/紛失時のサポートも受けられる
日本のキャリアの携帯電話を使っていれば当然のように思ってしまうことではありますがEMOBILE版のNexus5なら「故障安心パック-S(525円/月)」故障や紛失の際に状況にもよりますが無料あるいは格安で修理や交換ができます。同じNexus5でもGoogle Play経由ではこういった手厚いサポートは受けられないのでイーモバイル版を選ぶ理由になるかもしれませんね。

一方でいくつか欠点といいますか気になる点もあります。
1.現時点ではキャリアメールがない
イーモバイルではNexus 5を出すにあたってあえて一切手を加えない素のまま出すという決断をしています。良いことではあるのですが、人によっては困りそうなのが「キャリアメールもない」という点です。Gmailだけでは困る、という場合悩むポイントかもしれません。ただしあくまで現時点では、ということで、今後提供する予定はあるとのことです。

2.人によっては「当たり前にあると思っているものがない」
ソフトウェア,ハードウェアともにシンプルであるが故に、人によっては当たり前だと思っているものがないかもしれません。購入前に自分が必要なものが欠けていないか、照らし合わせておいて損はないと思います。
FeliCa,赤外線,ワンセグといった日本独自の機能がないのはもちろんですが、防水、あるいはストラップホール、micro SDカードスロット…など、もし必要なものがあれば事前に下見しておきましょう。
こういったハードの面でもそうですが、ソフトの面でも当たり前だと思っていたものが実は今まで使っていた機種のメーカー独自のもので素のAndroidにはなかった、ということも考えられます。1つ例を挙げるとすれば「留守電(簡易留守電・伝言メモ)」です。こういった面でも自分の必要な機能をよくチェックしておきましょう。

トータルとしては際立った「欠点」と呼べるものはない印象です。ただし人によっては欠点だと感じる可能性のある部分があるので、よくチェックしてから購入に踏み切ってほしい、というのが私の意見です。
できることとできないことを正しく理解して割り切った上での購入ならNexus 5は良い買い物になるのではないでしょうか。