MDR-EX220LP レビュー

2013.12.02 アクセサリーレビュー ライター:__agar

メインのイヤホンとしてはMDR-EX600をここ1年ほど使っているのですが、構造的に耳から飛び出す部分が大きいので横になれなかったり、また、音楽を聞くというわけでなくともちょっとしたことでイヤホンを使いたい場面もあったりとこれ1本ですべてこなすものではないな、と感じていたので軽くて小さいイヤホンを探していました。


ついでに言えば音楽をしっかり聞くために使うわけではないので安めのものを…ということでイメージとしては以前使ったことがあったMDR-EX60LPがちょうどいいかな、とも思ったのですが同じものを2回買うのもつまらないな…と同価格帯で探してみることにしました。

ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー ブラック MDR-EX60LP/B
ソニー (2011-06-21)
売り上げランキング: 23,515

タイトルに書いてしまっているのであまり引っ張っても仕方がないのですが、こんな経緯でMDR-EX220LPを購入しました。

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー EX220LP ブルー MDR-EX220LP/L
ソニー (2012-07-12)
売り上げランキング: 48,776

ブルーとも迷いましたがレッドを購入しました。

ある程度評判も調べてみての購入ですが、率直に言ってしまえば商品写真のかっこよさに一目惚れしての購入決定です。

DSC_0002 DSC_0003
開封前。パッケージがなかなかおもしろい見せ方になっています。

DSC_0007
イヤーピースやケーブルの付け根など所々に黒い部分があるおかげか引き締まって見えます。商品写真を見ると全体がマットな感じの光沢に見えますが、SONYロゴが入っている部分のパーツだけはメッキになっています。
イヤーピースはSONYの他のイヤホンと共通規格のものなので付属はしていませんがノイズアイソレーションイヤーピースも使用可能です。

Amazonの商品画像ですとやけに薄いように見えますが、実物を見ると赤いパーツの裏面には黒い部分があり、見た目の印象よりはコンパクトではない印象です。
DSC_0009
裏側の中央にある突起はMDR-EX510SLなどに採用されていたフィッティングアシスト機構です。というと大げさですが、要するに耳から落ちにくくするためのもの。

MDR-EX600との大きさ比較です。
DSC_0029
口径13.5mmと大きめのドライバーを搭載していることもあってかそれなりに大きめです。MDE-EX510SLあたりに近いサイズかと思います。ただ、そういった上位機種とは違ってプラスチックのハウジングなので大きさの割に軽く、疲れるという心配はなさそうです。

ケーブルはプラグ部分まで赤。
DSC_0010-1

コードアジャスターもこのモデルについてくるものは合わせた色になっています。
DSC_0006

音質は値段相応…と言ってしまえば元も子もないのですが素人なりに評価してみるならば、音の傾向としては低音寄り。極端にバランスが悪いほどではないです。気になるのは音の解像感はイマイチで、相性の悪い曲だとノイズ混じりのように聞こえてしまうものがあります。

同価格帯のイヤホンを普段から使っている方、あるいは今回の私のように手頃な価格で音楽以外の用途で使うサブのイヤホンを探している方には十分におすすめできる1本だと思います。

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー EX600 MDR-EX600
ソニー (2010-10-23)
売り上げランキング: 20,160