WiMAXルーターの情報をステータスバーに表示できるアプリ「Mobile Slim Status」

2013.12.10 Androidアプリレビュー ライター:__agar

モバイルルーターにも色々ありますが、私はWiMAX回線を使用するルーター「Mobile Slim」を半年ほど使用しています。


DSC_0090
公式情報いわく名刺入れにも収まるという小型サイズ、8.7mmの薄さ、67gの軽さと非常に扱いやすい上に、それでいて電池持ちなども悪くなく気に入って使っています。4月に発売された機種なのですが現在も販売中で、今後WiMAX2+にシフトして行くであろうことを考えるともしかしたらWiMAXルーターとしては最終世代になるのかもしれませんね。

さて、そんなMobile Slimを使う上で…というよりモバイルWi-Fiルーターを使う上で共通の課題ですが、端末単体でデータ通信ができる状態で使うのとルーターに吊るして運用するのでは大きく使い勝手が違ってくる点がいくつかあります。

その内のひとつが「使っている端末とモバイルルーターの間のWi-Fi接続の電波強度はすぐに見られるけれど、ルーター側の通信状況がすぐには(管理画面などを開かなくては)見られない」というところです。大したことではないように思うかもしれませんが移動中の使用などで電波が途切れる場所に入った時、判断が付きにくいということがあります。

その問題を解決するための手段として有効なのが今回扱うアプリのように、接続している端末のステータスバーにルーター側の情報を表示しておけるようにすることです。
Android端末を接続して使っている場合に限られますが、これがあればかなり使いやすくなります。

Mobile Slim Status 1.07
カテゴリ: ツール
販売元: mof
サイズ: 794k
インストール数: 500~1,000
更新日: 2013年11月16日
対応OS: Android2.3.3 以上
平均評価: 4.9 (8件の評価)
Google Playで詳細を見る

「Mobile Slim Status」というアプリです。使い方は簡単で、このアプリをインストールしたAndroid端末をMobile SlimにWi-Fi接続すれば自動的にステータスバーに情報が表示されるようになります。

実際に使用してみました。右の白い端末にアプリをインストール、Mobile Slimに接続しています。
DSC_0091
画面の左上に出ているアイコンがMobile Slim Statusのものです。
2段に表示されていて、上の青いものがWiMAXの電波強度、下の緑のものがMobile Slimのバッテリー残量となっています。

ステータスバーを降ろすとアイコンではなく数字で細かく確認することもできるようになっています。
DSC_0092

通知として常駐して見られるのは電波強度とバッテリー残量ですが、Mobile Slim Statusのアプリを起動すればRSSIでの電波強度表示やルーターに接続中の端末の確認、ルーターの電源OFFもできるようになっています。電源OFFだけでなく再起動の項目、あるいは管理画面を開くショートカットなどがあるとより便利ではないかな、と思います。

Mobile Slimを利用されている方ならインストールしておいて損はないツールだと思います。まだ入れていないという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

日本電気 WiMAXモバイルルータ AtermWM3800R ブラック PA-WM3800R(AT)B
NEC (2013-02-07)
売り上げランキング: 14,121