Google Play Best of 2013「SmartNews」を試す

2013.12.08 Androidアプリレビュー ライター:__agar

Google Playでは今、今年度のまとめとしてでしょうか、様々な部門から今年最も優れていたとされるアイテムをピックアップした「Google Play Best of 2013」という企画が行われています。


Android端末から、またブラウザからでも同様にPlayストアのトップ画面を飾っているので、目にした方も多いのではないでしょうか。
Screenshot_2013-12-08-01-44-16 スクリーンショット 2013-12-08 1.56.51

アプリオブザイヤー、ゲームオブザイヤー、それからPlayストアではアプリ以外のコンテンツも扱っていますから、ムービーオブザイヤー、ブックオブザイヤーなどなど…また、アプリの中でもデザインやグラフィックといった点にスポットライトを当てた賞もあります。
そんな幅広い各賞の受賞作品が並んでいるわけですが、今回はアプリオブザイヤーの受賞アプリを試してみたいと思います。

Google Play Best of 2013アプリオブザイヤーに選ばれているアプリはSmartNews(Google Play)です。

早速インストール直後の状態から見て行きたいと思います。
Screenshot_2013-12-08-01-45-08
「電波が悪くても待たずに読める」、なかなか目を引く一文です。この真相は後々分かります。

この3つの特徴紹介が書かれた画面の次に進むと簡単な初期設定が始まります。

ニュースはいくつかのジャンルに分けて取得するようになり、それをSmartNewsでは「チャンネル」と読んでいます。
Screenshot_2013-12-08-01-45-14

読みたいものだけを選ぶことができます。ひとまず私は下のような設定で始めてみました。
Screenshot_2013-12-08-01-45-52

続いてニュースを自動取得する時間の設定。1日3回取得してくれるのですがその時間を自由に設定できるので自分のライフスタイルに合わせやすくなっています。
Screenshot_2013-12-08-01-45-59
通知もしてくれるので忘れずチェックできそうですね。

これだけでSmartNewsを使う準備は完了です。

ニュース画面はこのようになっています。ジャンルごとに分かれてタブ式にまとめられています。
Screenshot_2013-12-08-01-47-21

タブ間の移動は上のタグをタッチしてもできますし、スワイプで移動することもできます。
電子書籍などで見かける紙をめくるようなアニメーションが特徴的。
Screenshot_2013-12-08-01-47-36
デザインも綺麗ですし、時間のないときはこの見出し画面だけをパラパラとめくってチェックしても良さそうですね。

ジャンルごとにあらかじめ設定されたいくつかのサイトから取得した見出しが並ぶようになっているのですが、このサイトたちのチョイスもなかなかセンスが良く、過不足ないという印象。
自分でサイトを追加することはできませんが、シンプルで分かりやすい、まとまっているといった印象のこのアプリにそのような必要以上のカスタマイズ性を求めるのは蛇足かもしれません。
ジャンル単位ではなく1サイトだけをまとめるタブを作ることもできます。
Screenshot_2013-12-08-01-47-46 Screenshot_2013-12-08-01-48-13

さて、見られるのはもちろん見出しだけではなく、それぞれの記事を開いて全文を見ることができるのですが、ここにもう一つ、どんな時でもサクッと読める仕組みがあります。

記事を普通に開くとSmartNewsのアプリ内ブラウザのような形で情報元の記事が開かれるだけなのですが…
Screenshot_2013-12-08-01-48-51

「読み込みが遅い!」という時は「すぐ読む」ボタンをクリック。
Screenshot_2013-12-08-02-24-00

すると、記事の本文を画像なしで読み込んでくれます。
Screenshot_2013-12-08-01-49-16
「見出しだけでは足りないけれど読み込みを待つ時間はない」あるいは「混んでいる駅や電車などで通信回線も混んでいて遅いけれどニュースをサクッと読みたい」と言った状況でかなり効果を発揮しそうです。他にも低速系のMVNO回線での利用などにも役立ちそうですね。

もう一言付け加えるならば、本文だけを読み込む「Smartモード」を選んで読んでいる間にもバックグラウンドで通常のWeb表示での読み込みは続けてくれます。これらはスワイプで行き来できるので、読み込みを待つ間だけSmartモードで本文を読み始めてしまうといったことも可能ですね。

全体的にかなり洗練されていてよくまとまっている、それでいて機能面で足りない点があるわけではなく、利用するシーンを考えた補助機能も付いている、と非常に完成度・満足度の高いアプリだと感じました。これはアプリオブザイヤーに選ばれるのも納得の出来です。これだけのクオリティーで無料ですから、Android端末をお使いの皆さんはぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

【Amazon.co.jp限定】Amazon.co.jp ロゴ版 アラーム クロック 目覚まし時計 ブラック OC227K
セイコークロック (2011-11-15)
売り上げランキング: 2,959