LG「Quad Beat 2」レビュー

2014.01.21 アクセサリーレビュー ライター:__agar

今回はG2,G Flex,isaiなど最近のLG製スマートフォンに付属しているイヤホン、Quad Beat 2のレビューです。


スマートフォンの付属イヤホン、というと「とりあえず聞ければいいや」くらいのものなのかな…と思ってしまうところですが、この「Quad Beat 2」の前バージョンにあたる「Quad Beat」がそこそこ評判の良いものなのでちょっと気になってQuad Beat 2を試しに使ってみることにしました。

CAM00069
ハウジング部分には同心円状のヘアラインのような模様が入っていて見た目は悪くないです(その中央にあるLGロゴが少々目立ちすぎる気はしますが…)。

装着感としては、本体からイヤーピースの付け根までの距離が若干長めなせいか正しく着けても少々ぐらぐらしてしっかりはまっている気がしないのが気になります。

音は期待外れかもしれません。全体的には付属品としてはまあまあなレベルなのですが、気になる点も。
高音に違和感があります。シンバル類がやたらはっきりと金属らしい音を出してくれる…のは良いのですがなんだか刺さるような音であまり心地よいものではないと感じました。発表時のニュースリリース(韓国語)を見ると自動翻訳で正しい意味を取れているか不明ですが「高音のピークを低減し、自然な音の実装」というようなことが書かれているのでこの点はちょっと残念です。イコライザなどで高音域を抑えてやれば聴きやすくなるかもしれません。

ちょっとネガティブな見方になってしまいましたが良い点もあります。
CAM00070
スマートフォン付属のイヤホンにしては珍しく平型のケーブルを使ったイヤホンなので絡みにくいですし、左耳側にはコントロールボタンもあります。
Androidスマートフォンの場合には機種によってイヤホン端子の規格(極数や並び)が違ったりとリモコン付きのイヤホンを探すと意外に大変ですし、最初からこのくらい便利なものがついていれば買わずに済むという方も少なくないのではないかなと思います。

前モデルの「Quad Beat」を持っていないのでなんとも言えないところですが、このQuad Beat 2に対して言えば前モデルのようにわざわざ付属イヤホンのみを買い求める人が出てくるほどのものではないかな、という印象でした。

旧型のQuad BeatはAmazonでも売られているのでちょっと試しに購入してみようかなと考えているところです。