「Xperia Z Ultra SOL24」レビュー

2014.01.23 端末レビュー ライター:__agar

Xperia™アンバサダー・プログラムの企画で、1月25日発売予定のXperia Z Ultra SOL24をお借りしています。

外観


前面は6.4インチの大きなディスプレイとそれを囲むフレームで構成され、シンプルながら美しいデザインになっています。
受話口やマイクはフレームの一部を削って収めたような形になっているので本当に余分なもののない一枚板という印象を受けます。

他のau版Xperiaでも同じことですが前面のロゴは上部にあるSONYロゴだけなので、先に発売されている海外版や24日発売のWi-Fi版と正面から見るとほぼ違いはありません。
SONYロゴの左側にインカメラやセンサー類があります。


右側面の中央に、Xperiaシリーズに共通している丸いアルミの電源ボタンがついています。本体の薄さゆえかZなどの電源ボタンと比べて小さいようで、少し手探りで見つけにくい時があるかな、というように感じました。

電源ボタンの下には音量キー、上端寄りにはイヤホンジャックがあります。
下端にはストラップホールも用意されているので、大きすぎて落としそうという方も安心ですね。


側面の一部(イヤホンジャックの下あたり)が蓋になっていて、開けるとmicro SIMスロットやmicro SDスロットがありました。

この蓋の部分もアルミ製で周りのフレーム部分と質感の違いが少ないため、綺麗にまとまっていると思います。


左側面にはZ1やZ1fにも搭載されているマグネット充電端子があり、卓上ホルダやマグネットケーブルを使った充電に使用できます。


micro USB端子は左上に付いています。
キャップ付きなのが若干面倒ですが、普段の充電にはマグネット端子を活用すればあまり気にならないのではないでしょうか。


背面にはガラスパネルがはめ込まれいます。最近はすっかりXperiaといえばこれになりましたね。

下の方に「au」「SOL24」の表記がありますが、Z Ultraの外装でau版であることを主張する部分はここだけ。Z1(SOL23)でも同様ですが極力デザインを崩さないよう配慮されたロゴ配置です。

背面中央には「XPERIA」ロゴがありますがこれも実はZ Ultraの場合au版だけで、他のモデルではSONYロゴが入っている場所です。


他モデルとの外観の違いはロゴ以外にもあり、カメラの横には赤外線ポート、少し下にFeliCaマークが印刷されています。日本国内の独自機能にもばっちり対応しているのです。

独特のサイズ

さて、Z Ultraを語る上で外せないのがその大きさです。


とても小さなAndroidスマートフォンであるXperia ray(SO-03C)と並べてみました。すごいサイズの差です…!

「いやいや、それは右のが小さいだけやろ」
なるほど、確かにそうかもしれません。

では5.2インチディスプレイのisai(LGL22)と並べてみましょう、こちらです。

やはり一般的なスマートフォンよりかなり大きいのがお分かりいただけるのではないでしょうか。
6.4インチのディスプレイともなると、むしろタブレットに近いくらいですものね。

UIは他のXperiaシリーズと似たものですが、サイズが規格外なので少し雰囲気が違います。

解像度的にはフルHDなので5インチクラスのスマートフォンとそう変わらないのですが、きちんと6.4インチの大画面に最適化されているので広さを十分に生かせます。

一方でChromeなどのアプリを起動してみるとスマートフォン向けのUIで表示され、なんだかもったいないなあというところもあります。個々のアプリまではメーカーさんの管轄ではありませんし仕方のないことではありますが、特殊なサイズ故にそれを生かせるアプリ選びというところも重要になるかもしれません。




手書き入力にも適していますし、au版だけのフルセグ機能も良し、Xperia独自の「スモールアプリ」だってこの大画面ならより役立ちます。
様々な使い道が考えられそうな端末です。

まとめ


スマートフォンの大画面化が進み、スマートフォンとタブレットの間とされる「ファブレット」というカテゴリーは難しい存在になっていると感じます。
ただ単にサイズの話としてであれば、もうほぼ存在しない隙間だと思うのです。

Z Ultraだってau版は「スマートフォン」として売りだしているけれどWi-Fi版は「タブレット」としていますしなかなか複雑なラインです。

それでも「ファブレット」という呼び名を使うとすればそれは大きさに限った話ではなく「スマートフォン」と「タブレット」、どちらとして見てもアリなものに与える名前ではないかなと思うのです。

そういった意味ではZ Ultraはかなり近いかもしれません。サイズはどちらかというとタブレット寄りで使い勝手としてはそちらに近いですが、7インチタブレットと比較すると小柄で持ち運びやすいサイズです。

スマートフォンとして見るなら規格外の大きさになってしまいますが、それでも通話/赤外線/おサイフケータイ/ワンセグ…等々、日本のスマートフォン事情として必要な機能はすべて網羅しているのでスマートフォンでやりたいこともすべてやろうとと思えばできなくはない、そういうデバイスなのです。

普通のスマートフォンからの機種変更や乗り換えを考えるには勇気のいる物かもしれませんが、こういうタイプの新しいデバイスなんだと思ってみるとなかなか便利に思えます。興味を持たれた方はぜひ一度店頭で触れてみてください!