「Xperia Z Ultra アンバサダーミーティング」に参加してきました!

2014.01.22 イベント ライター:__agar

1月22日の午前中に発表されたばかりの日本版Xperia Z Ultraを早速体験できるイベントに行ってきました!
その様子をご紹介したいと思います。


CAM00085
イベントは都内某所で行われました。

CAM00088
初めに国内版Z UltraのCM映像が放映されました。

その後Z Ultraの開発に携わった方々からのプレゼンがありましたがその前に、実際に手に取りながら聞いて欲しいということで参加者に1台ずつZ Ultraの実機が用意されました。
CAM00097
同日発表されたWi-Fi版とau LTE版、色はホワイト、ブラック、パープルと都合6種類のバリエーションがあることになりますが私が触ることができたのはau版のホワイト。
お隣の席の@highfrontierさんが借りていたパープルと並べて撮影。
2014-01-22-20-54-32-1
この写真ですとパープルは渋い色に見えますが実際は結構明るい色です。Z1のパープルと同じ色をイメージしておけば間違いないかと思います。
ご一緒したぜろがじぇ!のぜろさんはWi-Fi版のブラックを受け取っていました。

軽食が用意され、手元のZ Ultraの実物を見つつ、なかなか聞く機会のない開発者の方からの商品アピールを伺ってきました。
CAM00093
やはり6.4インチという独特なサイズ、これはZ Ultraの大きな武器と考えているようです。
CAM00098
合わせてトリルミナスディスプレイやX-Realityといった技術を集めたディスプレイの綺麗さというところも、6.4インチのサイズで様々なコンテンツを楽しむ1台としては重要なところです。

CAM00099
そして、大きさと並んで特筆されるのが薄さ。
Z Ultraは表面積は大きいですが薄さはわずか6.5mm。スマートフォンの中でもかなり薄い部類に入ります。独特のサイズと飛び抜けた薄さ、これらが合わさって他の機種では味わえない使い勝手のデバイスになっています。

CAM00101
その薄さを作り出している部品たちも見ることができました。
CAM00103
これはZ Ultraのバッテリーです。内蔵式なので通常このように手に取れることはないのですが、とにかく薄いです(Z Ultra自体がわずか6.5mmなのですからその中身である以上当たり前しれませんが…)。これで3000mAhの容量があるというのがまたすごいところで、薄さのためにバッテリー持ちを犠牲にすることはありません。
なかなか他にはない独特のデバイスなので、写真や文章、数値で見るだけではなくお店で実物を触ってみることを強くおすすめしたいです。ピンとくるものがある方には買いの1台でしょう。

もう少し触ってみたいなぁ…というところなのですが、今回1ヶ月ほどの間、au版Xperia Z Ultra(SOL24)の実機をお貸しいただけることになりました。後日じっくりご紹介していきますので、購入をご検討されている方はぜひご参考にしていただければと思います。
CAM00100

au Xperia Z1 SOL23 パープル 白ロム
ソニーモバイルコミュニケーションズ
売り上げランキング: 63,153