URBANO L01(KYY21)の気に入った点・不満な点

2014.02.17 ガジェットレビュー ライター:__agar

購入した際に一度レビューしましたが、やはり購入直後では見えにくい部分というのはどうしてもあるものです。
というわけで、URBANO L01をここ2週間ほどメインの電話機として使用してみて良かった点、悪かった点をピックアップしておきたいと思います。


外観やUIなどについては以前のレビューもあわせてご覧くださいませ。画像は前回記事からの流用もありますがご容赦ください。


気に入った点

1.安定感
この機種を選んだ理由からそこを求めていたので期待通りといったところでしょうか。
MSM8960(デュアルコア)とHD解像度のディスプレイという一世代前にも見えてしまう組み合わせですが、文字中心な利用スタイルならこれで十分ですし負荷や消費電力の面でのメリットもあります。
逆に言えばスマートフォンでリッチなグラフィックのゲームをプレイしたりマルチタスク的な使い方をしたい方が持つとこれでは足りないと感じるのではないでしょうか。

以前のレビューでも書きましたが、RAMだけはしっかり2GB搭載しているということもあってか軽い用途ではそこそこ快適な印象です。
性質を分かった上で使うにはなかなか安心して使える機種だと思います。

十分にノウハウが蓄積された部品を使っているが故のチューニングとでも言うでしょうか、この辺りの方向性はURBANOシリーズとしては前モデルになるURBANO PROGRESSO譲りでしょうか。
どうしてもハイエンド端末ばかりが並ぶような印象のある日本のスマホ市場ですが、ぜひとも京セラさんにはこういったある意味保守的とも言えるコンセプトの機種も作り続けて行って欲しいですね。

2.十分に持ち、回復の速いバッテリー
DSC00064
ここも期待していたポイントでした。
電池の持ち時間というのは人それぞれの使い方によっても変わってしまうので言及は避けますが、使えば相応に減ります。ただバッテリー容量がスペックに対して大きいおかげで確かに持ちは良いのかなと感じました。

電池の持ち以上に威力があると感じたのが2700mAhの大容量を2時間でフル充電できてしまう急速充電。
Screenshot_2014-02-01-23-39-43
短時間で済むのはやはり便利でちょっとした時間で充電しておけるので、充電が不十分な状態で持ちださなければいけないということがかなり減ります。電池持ち自体も良いのであまり気にせずに済むのは魅力です。

3.スマートソニックレシーバー
DSC00056
購入時の基準としてはあまり考慮していなかったのですが使ってみるとなかなか良かったです。
「auの通話音質自体が…」なんて意見もありそうなところですが、そのあたりを差し引いてもスマートソニックレシーバーのおかげでだいぶ会話を聞き取りやすく感じるので決して無駄ではなさそうです。

副産物のようなものですが、スマートソニックレシーバーを採用しているおかげでガラス部分に受話口が開けられていないことが個人的には嬉しいポイント。物理的な受話口があると結構汚れますし黒い部分なので目立つから嫌…と思っているのはきっと私だけではないのではないでしょうか。


不満な点

1.タッチパネルの挙動がおかしい
安定した機種でほとんど不満はないのですが、難点を挙げるとするとやはりここが気になります。
手に持って普通に使っている分にはおかしいと感じることはあまりないのですが、机に置いたままロック解除やちょっとした操作をしたいという時にうまく反応してくれないケースがあります。
不具合なのか、あるいは誤動作を防ぐために補正か何かをかけているのかは分かりませんがちょっと不便ですね。後継機のURBANO L02ではどうなっているのかも気になるので機会があれば確認してみたいと思います。


スマートフォンでリッチなグラフィックのゲームをプレイしたりマルチタスク的な使い方をしたい方が持つとこれでは足りないと感じるかもしれませんが、ライトユーザー向けにはなかなか安心して勧められる機種だと思います。
売り方的に初心者向けのような印象がありますが、安定性や電池持ち重視ということで複数台持ちのコアな方が通話・メール・SNS用と言ったライトな用途を分担させるにも案外良いのではないでしょうか。

au URBANO L01 ブルー 白ロム
京セラ
売り上げランキング: 53,809
au () URBANO L01 ブラック
au () URBANO L01 ブラック

posted with amazlet at 14.02.15
au
売り上げランキング: 110,820