「AQUOS PHONE ss 205SH」レビュー(前編)

2014.03.04 ガジェットレビュー ライター:__agar

風呂用、アラーム用などに適当に扱える手頃なAndroid端末を1台入手したかったので購入してみました。


防水でできれば小型なものがよかったのでこちらの機種に。

DSC00265
205SHは2013年6月発売のモデルで、Snapdragon S4を搭載するミドルレンジの機種。4インチディスプレイで幅60mmとコンパクトな端末です。
2014年3月現在では一括0円+キャッシュバックでの販売もよく見かける機種となっているためか、新品未使用でも5000円台で入手できる状況です。

色はピンク/ゴールド/ホワイト/ネイビー/ブラックの5色が用意されています。今回はホワイトを購入しました。

DSC00253
箱は淡い色の模様が入ったデザイン。どちらかというと女性向けな機種なのかなという印象を受けました。

DSC00254
先代機種の107SHから引き継がれた放射線測定機能を搭載しているので説明書にもその注意書きがあります。
右下の黒い小さな付属品はSIMカードの着脱に使うもの。SH-06Eなどでも同様のものが付属していましたが、SIMスロットが奥まっていて爪などで押しにくいため必要なものです。

本体の外観です。
DSC00257
丸みを帯びた、比較的よくあるスマートフォンのデザインかなという印象。

DSC00258
画面下に配置されたタッチ式の音量キーと、右寄りに配置された「クイック起動キー」が特徴的です。
クイック起動キーを押すと割り当てておいた任意の機能が起動できるというのももちろん便利なのですが、これがあるおかげでオンスクリーンキーの端末でありながら電源キーに指を伸ばさずにスリープ復帰できるということもなかなか魅力に感じました。

DSC00259
下部にはマイクとmicro USB端子があります。キャップレス防水になっています。

DSC00260
上端にはmicro SDとmicro SIMのスロット、電源ボタン、イヤホンジャックなどが集中しています。角の切り込みはストラップホールです。

DSC00262
音量キーが画面の下にあり端子類も上下に集められているので、側面は左右ともに何もついておらずすっきりしています。

DSC00263
背面は丸みを帯びたフォルムで、小柄なことも相まって手になじみます。表面はさらさらした手触り。

DSC00265
起動。AQUOS PHONEシリーズではおなじみのブートアニメーションです。

開封、本体の外観までをお届けしました。UIや動作などについては後編に続きます。

SoftBank 205SH AQUOS PHONE ss  ホワイト 白ロム
Sharp
売り上げランキング: 50,419