「綾鷹茶会」イベントレポート Vol.1

2014.03.18 イベント ライター:__agar

日本コカ・コーラ株式会社によるイベント、「綾鷹茶会」に参加することができましたのでイベントレポートをお送りいたします。


DSC00382

DSC00384
「綾鷹茶会」という名からもお分かりかと思いますが、同社のペットボトル飲料「綾鷹」に関するイベントでした。

と言っても、ただ「綾鷹」が振る舞われたわけではもちろんありません。

みなさん、こちらをご覧になられたことはあるでしょうか?
DSC00383
こちらも同じく「綾鷹」という名を冠するお茶ですが、コカ・コーラ社の綾鷹の由来のような存在でもあります。
おなじみの「綾鷹」を監修している上林春松本店の商品です。

今回のイベントはこの上林春松本店の当主、上林秀敏さんから直接、お茶に関するいくつかのレクチャーを受けることができる機会でした。


そちらのお話は一旦後にいたしまして、ペットボトルの綾鷹のお話に戻ります。

DSC00387
今回はイベント当日(3月18日)から発売されたばかりの新しいパッケージの綾鷹が用意されていました。
中身が変わったわけではないのですが、525mlに容量が変更され、ボトルデザインも変わっています。

DSC00389
やはり和食に合うということで、贅沢にもお寿司まで頂いてしまいました。
「急須で入れたお茶のような味わい」を目指して作られている綾鷹は、お寿司に限らず和食全般に合います。

DSC00390
余談ですが、綾鷹のペットボトルにはよく振ってお飲みください、ということが書かれています。
これは何もシャカシャカと音を立てて泡立つように振るわけではなくて、底にたまっている「にごり」が広がる程度に優しく混ぜるのが美味しく飲むポイントだそうです。ぜひ試してみてください。


DSC00393
上にも書きましたように「綾鷹」といえば急須で入れたお茶のような味わいが売り。

DSC00396
そのポイントはそれまでのペットボトルのお茶ではなかった「にごり」。
やはり工業製品としての生産の過程ではそういったものを残すのは難しく、苦労があったようです。

もちろん急須で入れたような本物のお茶を目指すにはそれだけではありません。
DSC00398
DSC00405
やはり専門家の協力が不可欠、ということから老舗の茶舗、上林春松本店とのタッグが実現したわけです。


DSC00410
というような綾鷹の誕生に関する映像を見た後に、いよいよ上林氏の指導によるお茶の体験が始まりました。

まずはお茶の淹れ方から。
DSC00409
「ひとまず普段通りの淹れ方で」ということでスタート。
ここで使用しているのは上林春松本店の綾鷹です。このような本格的なお茶を入れるのに、粉末のお茶のような手順で入れてしまうとかなり薄くなってしまうのです。

正しい淹れ方をスタッフの方に実演していただきつつ教わります。

DSC00411
まずは湯冷ましにお湯を注ぐ。

DSC00413
冷ましている間に急須に茶葉を。

DSC00414
適温になったお湯を急須に移します。

DSC00417
注ぐ際は一気に一杯ずつではなく、少しずつ分けて注ぐことでバランスが取れます。

こうして正しい手順で淹れられた一杯と先ほどの普通の淹れ方のものを比べると、淹れ方だけでここまで変わるのか!というほどの違い。

その後、イベントは「合組」と呼ばれるお茶をブレンドする工程の体験へ。
だいぶ長い記事となってしまいそうですので、今回はこちらで一旦筆を置き、続きは次回としたいと思います。

コカ・コーラ 綾鷹 500ml×24本
コカ・コーラ
売り上げランキング: 46
Fans:Fans