au冬モデル「ARROWS Z FJL22」の白ロムが破格で取引されています

2014.03.20 セール情報 ライター:__agar

auの2013〜2014年冬モデルのひとつ、「ARROWS Z FJL22」が非常に安価に流通しているようです。
春モデルがファブレットや小型端末の投入など冬モデルのラインナップを補うような内容だったことを考えると、まだ最新機種の一角といってよい機種です。
その新しさからしても、またスペック的にも、目を疑うような価格で新品未使用の白ロムが購入できる状態です。続きをご覧ください。


fjl22_detail_10
ARROWS Z FJL22は2013年11月に発売。docomo向けのF-01F、SoftBank向けの301Fなどの兄弟機にあたるARROWSシリーズの最新世代の機種です。

スペックをざっと見てみますと、

・SoC:Snapdragon 800 MSM8974 2.2GHz
・RAM:2GB
・OS:Android 4.2
・ディスプレイ:5.0インチFHDディスプレイ
・バッテリー:2600mAh
・カメラ:1310万画素(Exmor RS for mobile採用)

と、多くの冬モデルと横並びのスペック。少なくともスペック面で何か劣るところがあるといったことはありません。


本題に入りましょう。
そんな本来ならば高価なはずの最新機種がいくらで白ロム販売されているのか、それも出品されているものの多くが未使用の個体です。
各色ごとにAmazonのリンクをご用意いたしましたのでご覧ください。

au ARROWS Z FJL22 ホワイト 白ロム
富士通
売り上げランキング: 5,106
au ARROWS Z FJL22 ブラック 白ロム
富士通
売り上げランキング: 10,596

価格は変動するものなので正確な額は実際にAmazonでご確認いただくといたしまして、おおよその価格で言えばこの記事の執筆時点(3/19)では約1万8000円です。Snapdragon800を搭載するそのスペックから言えばあり得ないレベルの低価格。
他のau冬モデルが3〜4万円程度で流通している機種が多い(Z1やNote3でしたら5万円前後の取引も見かけます)ことを考えるとかなりのお手頃感ではないでしょうか。

裏があるのではと勘ぐりたくもなりそうな値段ですが、スペック上至って普通なのはもちろんのこと、過去のARROWSシリーズのように不具合などの悪評があるわけでもありません。となるとこれまでのブランドイメージが足を引っ張ってしまっているということでしょうか…物自体は悪くないだけになんだかもったいない話ですよね。

au LTE契約の回線をお持ちの方ならこの機会に買ってみて損はないのではないでしょうか。