「Smart Statusbar」レビュー、「シェイクバー」との比較

2014.03.21 Androidアプリレビュー ライター:__agar

以前、全画面表示のゲームなどをしている際でもステータスバーを表示させてくれるアプリとして「シェイクバー(ゲーム対応)」というアプリをご紹介しましたが、同様のことができるアプリとして「Smart Statusbar」というものをおすすめいただいたのでそちらを試してみます。


Smart Statusbar 1.5a
カテゴリ: ツール
販売元: Kiumiu.CA
サイズ: 307k
インストール数: 100,000~500,000
更新日: 2013年8月15日
対応OS: Android2.0 以上
平均評価: 4.3 (1,920件の評価)
Google Playで詳細を見る

Screenshot_2014-03-10-18-05-45
全画面表示のアプリを使っている時にステータスバーを出せる、というだけの機能なのでこちらもやはりシンプルな作りでした。

ただ、できる事自体は以前紹介した「シェイクバー」と同じですが、ステータスバーを表示させたい時の操作が違います。
「Smart Statusbar」では上のスクリーンショットの上端の赤くなっている部分を下にスワイプすることでステータスバーを呼び出します。
Android 4.4以降に標準搭載されている同様の機能とも近い操作なので、最新OSのデバイスと併用しているという方にも馴染みやすいかも。
スワイプの判定エリアはPro版にすれば変更できるようです。

Screenshot_2014-03-10-18-09-15
あくまで強制的にステータスバーを表示させているので、ステータスバーに隠されてしまう部分が出るというのもシェイクバーを使った場合と同様。

「Smart Statusbar」では表示させたステータスバーはそのままではなく、3〜30秒の範囲で設定した時間が経つと自動で消えるようになっています。このほうが操作の邪魔になりにくいのではないでしょうか。

似たような役割のアプリですが、操作方法や挙動が若干違うので使い方に合ったものを選ぶと良いかと思います。
例えば加速度センサーを使う(本体を傾けて操作する)ようなゲームでは振ってステータスバーを出す「シェイクバー」は誤動作して邪魔になる可能性があるので「Smart Statusbar」が合うでしょうし、逆に画面の隅々まで操作ボタンがレイアウトされているようなゲームでは「シェイクバー」が使いやすいのではないかと思います。ぜひ気になる方を使ってみてください。