DIGNO R 202Kレビュー(1:開封/外観)

2014.04.18 ガジェットレビュー ライター:__agar

DIGNO R 202Kを購入したのでレビューしておきたいと思います。


DSC00210
202KはSoftBankの2013年夏モデル。小型、そして軽量なのが最大の特徴です。
4.3インチディスプレイで幅60mmというコンパクトさ。もちろんこれも魅力ではありますが、それだけならば近いところではRAZR M(61mm)であったり、あるいは59mmでクアッドコア+RAM 2GBの同時期のハイエンド並の性能を詰め込んだSH-07Eであったりと上はいます。

DIGNO Rの凄いところはただコンパクトにまとめるだけでなく94gというかなりの軽量に収めていること。重量で言えば近い機種はXperia SX(95g)。あちらはさらに一回り小さいので、202Kを手に持った時の体感的な軽さはかなりのものです。iPod touch 5thを初めて手に取った時と同様の衝撃がありました。

さらに不思議なのが、どうやってその軽さを実現しているのかというのもより謎が深まるところ。Xperia SXにせよiPod touch 5thにせよ、端末の重量の中でかなりの割合を占めるバッテリー容量を削ることで軽量化につながっている部分が大きいのですが、202Kは同クラスのスペックの機種としてはけして極端に少ないわけではない1800mAhのバッテリーを積んでいますし、さらには防水対応まで。といった具合で、とにかくハードウェアはなかなか魅力のある機種なので購入してみました。

DSC00201
では開封してみましょう。

DSC00202
ACアダプタ、micro SDカードリーダー、ワンセグアンテナなどの付属品。

DSC00205
本体デザインはかなりシンプルです。オンスクリーンキーであること、それから京セラ製端末ではおなじみのスマートソニックレシーバーを搭載しているため受話口がないことなどからかなりスッキリした前面になっています。

DSC00207
背面もシンプル。裏蓋は取り外せないのでCEロゴやFCC IDなどが本体色と近い色で印字されています。技適マークは電磁的表示となっていました。

DSC00208
イヤホンジャック、micro USB端子とともにキャップレス防水となっています。

DSC00209
徹底した軽量化のために外装の素材にこだわることはできなかったであろうというのは想像が付きますが、側面を見ると素材で差を付けられないなりにのっぺりとした外観にならないよう注意していることがうかがえます。
まずホワイトの場合は前面の縁は金属調の塗装。その一段下の帯状の部分はシボ加工されています。

軽い!というインパクトだけでも一見の価値がある機種です。レビューはもう少し続きます。

京セラ Softbank DIGNO R 202K ターコイズグリーン
KYOCERA
売り上げランキング: 235,322