「SEL1855」購入

2014.04.14 カメラ ライター:__agar

Eマウントの標準ズームレンズ、SEL1855を購入しました。


DSC00604
NEXシリーズのキットレンズとしてセットされていたレンズ。と言ってもα4桁の機種を含む現行機ではSELP1650という別のレンズがキットレンズに変わっています。私が使用しているNEX-3Nも本来そちらが付いているのですが、あえて旧モデルのSEL1855を選びました。


理由はいくつかあるのですが、まずSELP1950電動ズームになっていること。もちろんそちらの方が楽でいいという方も多いでしょうし好みの問題ではあります。一応SELP1650もリングを使ってアナログ感覚でズーム操作をすることもできますが、スペースの関係かその際に使えるリングはフォーカスリング兼用。

また、SELP1650は小型化されている代わりに電源のON/OFFに伴ってレンズが伸縮するようになっていること。撮れるまでに少し間が空きますし、電源を入れ直す度に広角端に戻ることになります。

ギミックの関係か前玉の直径が一回り小さいので、他のEマウントレンズの多くで使われている49mmのレンズキャップやフィルターが共用できないのも若干不便かもしれません(もちろんSELP1650以外にも当てはまらないEマウントレンズはたくさんあるのでいずれ気にならなくなることとは思いますが)。

これらのことから特殊な仕組みを持たないごく普通のレンズなSEL1855を選んだというわけです。
もちろん、よりコンパクトに持ち歩きたいという方や電動ズームが欲しい(NEX-3Nやα5000などとSELP1650の組み合わせならズームレバーを使ってより手軽な操作にもできますし)というのならSELP1650を選ぶべきでしょう。


DSC00602
望遠のSEL55210と並べてみました。順番が逆でしょうが、かなり軽くて小さいカメラだったことを再認識しました。


DSC00181
大したものではありませんが試し撮りです。

DSC00172
広角端

DSC00171
望遠端

ようやく標準域のレンズを買って一通りの物が撮れる状態になったのでどんどん使って行こうと思います。このブログでもたまに取り上げられたらなーと思索中。


先日紹介したカメララッピングクロス、LCS-WR2AMでNEX-3NとSEL1855を包んでみるとこんな具合に。
DSC_0040
SEL55210と組み合わせた時と比べると当然中身は小さくなるのですが、布なので半周多く巻くだけでこちらでもしっかり包めました。やはりサイズを選ばず使えるのはかなり便利です。
(LCS-WR2AMのレビューはこちらです)

SONY 標準ズームレンズ E 18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855
ソニー (2010-06-03)
売り上げランキング: 51,152
ソニー ズームレンズ E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
ソニー (2013-01-31)
売り上げランキング: 11,480