「Comply Tx-200」レビュー

2014.05.11 アクセサリーレビュー ライター:__agar

イヤホンは主にSONYのMDR-EX600を使用しています。あと2〜3ヶ月で使い始めて2年ほどかなというところなのですがまだまだ使うつもりです。飽きてきたというわけではないのですが、まだ試してないなというものがあったので今回はそのお話です。


それはイヤーピースの部分。

SONY ノイズアイソレーションイヤーピース Mサイズ EP-EXN50M
ソニー (2011-12-10)
売り上げランキング: 715

これまではSONY純正のノイズアイソレーションイヤーピースを使用していました。通常のイヤーピースの内側にスポンジのようなものが充填されていて、フィット感や遮音性に優れているというものです。
スポンジ部分が劣化するので定期的に交換が必要なのですが、どうせならと今回は前々から気になっていた「コンプライ」を試してみることに。

DSC00402
コンプライは各社のイヤホンに対応しているのでいくつかの種類があります。

基本的にはイヤホンの口の部分のサイズで選べば良いのですが、そのサイズが型番の後半、数字の部分で表されています。今回の場合は200のものが適合するとのこと。

型番の前半のアルファベット、(今回購入したものはTx)ですが、こちらはコンプライのタイプを表しています。いくつかの特徴があってシリーズ分けされているのでそれを見分けるものです。

つまり、一見複雑に見えますが自分のイヤホンに合ったサイズの数字だけ覚えてしまえば後はどれを選んでもOK。消耗品なので替える際に他の種類を試してみるなどして自分に合うものを探すのが良いのかもしれませんね。

DSC00403
反発力のある不思議な触感の素材で、耳に入れる際はぎゅっと潰した状態で耳に入れます。少しすると反発して膨らむので耳にフィットするというわけです。
そういった仕組みなので遮音性は抜群。その効果として細かな音も聞き取りやすくなり音域が広がったように感じられる、といったところでしょうか。

定番アイテムなだけあってさすがの違いを感じることができました。イヤーピースくらいでそんな変わるわけが…という方に是非試していただきたいです。

Comply (コンプライ) イヤホンチップ Tx-200 ブラック Mサイズ (3ペア)
Comply (コンプライ)
売り上げランキング: 7,595