「プライベート ビエラ」モニターレビュー(Part 2)

2014.05.26 ガジェットレビュー ライター:__agar

先日に引き続き、パナソニック様よりお借りしている「プライベートビエラ」UN-JL10T3のレビューです。
今回は実際に視聴してみた感想となります。


DSC00886
Part1でも触れたように、アンテナ線を接続するレコーダー部と、それに無線接続して視聴するモニター部に分かれている構造。リアルタイム視聴にしても録画にしてもレコーダーを介してなので速度が心配なところですが、ほぼ気にせず通常のテレビ感覚で使用できます。強いて言えば起動時にモニター+レコーダー間の接続動作があるので少し遅めかな、という程度。

DSC00887
同軸ケーブルでアンテナに接続されたチューナーからのワイヤレス転送なので、安定性や画質は納得の品質。
最近ではスマートフォンやタブレットでもフルセグ視聴ができる機種もあるので、専門のポータブルテレビは無くてもいいんじゃない?と考える方もいらっしゃるのではないかと思いますがこの点ではかなりのアドバンテージがあります。
チューナーとの間の無線接続は5GHz帯にも対応しているのでWi-Fiなどとの干渉も避けやすいですし、さらに言えばご家庭の電子レンジを使っている時でも安心。安定した視聴環境が何よりの強みです。

ここまでの使い方ですとレコーダー部をレコーダーというよりチューナーとして扱っていましたが、もちろん録画もそつなくこなせます。多チャンネル同時録画のような凝った機能はありませんが、必要十分です。
DSC00892
完全にワイヤレスで使えて防水でもあるというところを考えると、長風呂がお好きな方なら録りためておいた番組をお風呂でゆっくり見るなんてことも。

DSC00895
ホーム画面の下のほうに、録画再生していて途中で止めた番組をすぐ続けて見られるボタンがあります。なかなかシンプルにまとまっていて扱いやすいですね。

家の中ならどこでも見られるテレビ、としてなかなか扱いやすく優秀です。次回はもう少し細かな部分を掘り下げてみようかなと思っております。