サンワサプライの新しいXperia用クレードルは2度おいしい!フラゲレビュー!

2014.07.26 アクセサリーレビュー ライター:__agar

最近のXperiaシリーズの左側には専用のマグネット充電端子が付いていて、これを使って卓上ホルダや充電ケーブルを取り付けられるようになっています。


DSC01812
つまりこれまでは機種ごとに必要だった卓上ホルダが1つで使い回せる…と、複数持ちには嬉しい仕様なのですが少し問題が。

DSC01815
純正の卓上ホルダには機種ごとの幅に合わせたアタッチメント(溝の部分)が付属していて、厚さの違う機種を使うには一々取り替えなければいけないのです。せっかくの共通仕様ですが使い回すには手間なのですね。

そんなXperia複数持ちユーザーのための便利アイテムがこれ!

サンワサプライが新しく発売したマグネットクレードルです。

Amazonでは7月31日発売になっていますが、ヨ○バシカメラにて購入出来たので早速レビューいたします!
(※ヨ○バシ.comではまだ予約受付中。いわゆるフラゲってやつですね)

DSC01819
純正のものと違って背もたれが付いています。そして機種ごとのアタッチメントは存在しません。

DSC01818
幅は純正と同じくらい。

手前側に支えがなく、後ろの板で支える方式なので幅は自由です。純正卓上ホルダでは使えない、ケース+前面保護ガラス着用のZ1fでもこの通り。
DSC01821
問題なく装着できます。

DSC01822
ちょっと薄いZ1でも何も変えることなくそのまま充電可能。かなり便利です。
卓上ホルダ自体に重りなどは入っていないのでバランスの関係かZ2 Tabletには対応できないようなのでその点のみ注意。

ひとつだけ残念な点をあげるとすれば角度が少し急すぎます。前面に支えがないにも関わらず純正卓上ホルダよりきついくらいの角度なので前側への転倒が不安かも。

なぜ幅の違う機種でも対応できるのか、端子の部分を見てみます。
DSC01820
少しだけ端子が動くようになっているんですね。ただ、よく見ると「前後にスライドする」というわけではなく、「前後に回転する」という感じ。どこかを軸にして回っているようです。

DSC01817
そして給電はmicro USBではなく直付けになっています。その下には怪しげな隙間が。

…あれ?

「微妙に回転する」
「ケーブルの出ている部分の下に隙間」

もしかして!

ピンと来たので分解しちゃいます。もちろんここからは自己責任で。

分解は簡単、裏面の+ネジ4本を抜いて蓋を引っこ抜くだけです。
DSC01823
おやおや、これは。

DSC01824
予感的中です。
クレードルのガワを被せてあるけれど、中身はマグネット充電ケーブルそのものじゃないですか!

DSC01825
ガワとの固定のために大きめの出っ張りがありますが、機能的にはもちろんケーブル部だけでも使えて、この通り。

DSC01827
マグネットで勝手にくっついてくれるおかげで、底板を外した状態でもクレードルとしての機能に問題はない様子(クレードルのガワとケーブルを繋いでいる爪の部分が劣化してくると分かりませんが…)。
分解する以上自己責任になりますが、「家では卓上ホルダ、外ではモバブに繋いでマグネットケーブル」なんて1台2役のアクセサリーになっちゃいます!
しかもこんなにおいしいのにお値段は約2000円。普通のマグネットケーブルにワンコイン足すだけでクレードルにもなっちゃう、という感覚です。

もちろん分解せずに普通のクレードルとして使うにしても、機種ごとにアタッチメントを変える必要がないというだけでかなり優秀ですし、Xperiaシリーズをお使いなら買って損はないアイテムですよ!