「GALAXY J SC-02F」Android 4.4アップデートレポート

2014.07.08 ガジェットレビュー ライター:__agar

7月8日に「GALAXY J SC-02F」のAndroid 4.4アップデートが来たので試してみました。

docomoは6月26日に「Android(TM)4.4へのバージョンアップ予定製品について」という情報を公開していて、9機種にアップデートが行われることが確定しています。


その9機種のうち「Xperia Z1 SO-01F」「Xperia Z1f SO-02F」の2機種では発表当日にアップデートされるというサプライズがあったのですが、その2機種に続いて7月8日に「GALAXY Note 3 SC-01F」「GALAXY J SC-02F」「GALAXY S4 SC-04E」の3機種が同時にアップデートされました。これでアップデートが発表された機種の半分強は早くも済んでしまったわけで、今回は比較的仕事が速いなという印象です。

では早速、GALAXY JのKitKatアップデートを見てみましょう!

DSC01627
アップデートファイルの容量は500MB強。気長に待ちましょう。

DSC01629
アップデート後の起動画面。SAMSUNGロゴの下に「powered by android」の表記が追加されています。最新のGoogle Mobile Serviceの要件に従った変更ですね。

UIは大きくは変わっていません。
Screenshot_2014-07-08-11-32-35 Screenshot_2014-07-08-13-40-39
左が4.3時、右が4.4アップデート後のホーム画面です。ステータスバーのアイコンが白で統一されたくらいですね。

Screenshot_2014-07-08-13-40-15
ロック画面では右下にカメラショートカットが配置されるようになりました。

DSC01630
「緊急時長持ちモード」の仕様が少し変わったようで、同モード時にはスクリーンショットが撮れなくなっています。より省電力な仕様にブラッシュアップされたということでしょう。

目立った変化は少ないのですが、機能面ではこれ。
DSC01631
S5から搭載された新機能「ハイブリッドダウンロード」が使えるようになりました。

Screenshot_2014-07-08-12-43-29
大容量のダウンロード時にWi-Fiとモバイルネットワークを併用して通信することのできる機能です。そういった機会の多い方(かつデータ通信量に糸目を付けない方)には重宝するでしょう。

ざっくりとですがGALAXY J SC-02FのAndroid 4.4アップデートの紹介でした。ちなみに4.4からの新しいランタイム「ART」は選択できない模様。
変更点はあまり多くはないですが比較的素早くOSアップデートが行われたのは歓迎したいですね。

この機種は現在白ロムでも3万円強と比較的安価に入手できるので、OSも最新になったこの機会にいかがでしょうか、おすすめです。

もう1シーズン前の夏モデル「GALAXY S4 SC-04E」にも同様にAndroid 4.4アップデートが行われたのでそちらも狙い目かも?