WordPress .com→WordPress移行の備忘録

2014.07.12 雑記 ライター:__agar

5月の中頃にWordPress.comからレンタルサーバー上にインストールしたWordPressへとこのブログを移行。少し時間が経ってしまいましたが忘れないうちに書いておこうと思っていた移行絡みのメモ(と感想)です。


約1年ほどWordPress.comで運営していましたが移行の理由としては
・拡張性がない
・容量制限(3GB)を気にし始めるところまで埋まって来ていた
・独自ドメインのほうがイケてる、やりたい
といったところ。

移行自体はかなり簡単でした。

・サーバーとドメインを用意する
ドメインは「どうせやるなら.jpがつよくてイケてる、取りたい」とこれまた適当すぎる理由ですがgeekdays.jpを取得。特にこだわらなければ比較的維持費の高い.jpを取る必要は無いと思います。信用度が必要なサイトならともかくこの規模のブログでは自己満足みたいなものです…

サーバーはさくらインターネットのスタンダードプランを選択。現状の規模ならスタンダードで十分でしょう。

・サーバーに取得したドメインを設定
ここあたりを参考に設定。特に問題なく終了。

・レンタルサーバーにWordPressをインストール
今回使用しているのはさくらのレンタルサーバなので「クイックインストール」という便利な機能で複雑な作業なしにすぐにWordPressをインストールして始められる…のですが、こちらを使用するとルートディレクトリに配置できず例えば「geekdays.jp/wp/」みたいな感じになるとか。後から変更する方法もあるようですが面倒なのでFTPで手動で配置することにしました。

・データ移行
スクリーンショット 2014-07-10 16.21.50
記事や画像の移行自体は旧サイトのダッシュボードの「ツール」から「エクスポート」して出てきたファイルを新サイトで「インポート」するだけなのでとても簡単。
詳しい方に聞けば「wordpress.comから移行する場合はプラグインの移行がないから本当にこれだけで済んで一番楽」なんだとか。確かに。

移行したのは良いのですが、このまま公開すると同じ記事がインターネット上に2つずつあることになってしまうんですよね…検索的にも不利。ならば古い記事は古いサイトに残して(移行せずに)一から始めるのも一つの手かも?
ここが悩みどころでしたが一元管理したかったので、「旧ブログは移行のお知らせのためにしばらく取っておくけどインデックスの許可はオフ、一定期間経ったら削除」ということに。今はそれらが終わって新サイトに一本化し終わった状態ですが、結論から言うとこれはイマイチかも。古いコンテンツは人気のあったものも含めてほぼ死んでしまいました。何かスマートな方法はないものでしょうかね。

・プラグインを整える
WordPress.comではプラグインのインストールなどはできませんが、「何も入っていない素の状態」ではないんですよね。いわばおすすめのプラグインを一通り最初から入れてある状態なわけです。
なので、普通のWordPressを初期状態で触ると少し戸惑いました(他所のWordPressで運用しているブログにライターとして参加したことはあったのですが一から作っていくのは初めてだったもので…)。

いまだにあまり多くは入れていませんが、定番の「Jetpack」や「Akismet」、お問い合わせページを作るために「Contact Form 7」、広告配置のために「Quick Adsense」、人気記事や関連記事の表示に使う「Wordpress Popular Posts」「WordPress Related Posts」、記事下部の共有ボタンを作っている「WP Social Bookmarking Light」などを使用しています。
最近は自分以外の方に記事を書いていただく機会も出てきたのでユーザーの権限を管理できる「User Role Editor」も使っていますね。

それから移行時に便利だったのが「OSM Maintenance」というプラグイン。有効にしておくとログインユーザー以外からはサイトが見えなくなる(メンテナンス中の表示になる)状態を簡単に作れるので公開前に重宝しました。

以上、初心者視点での話で申し訳ないですが簡単なWordPress移行時のメモでした。もしどなたかの参考になっていれば嬉しく思います。