パナソニック、Android搭載LTEデジカメ「DMC-CM1」を発表

2014.09.15 ニュース ライター:__agar

DMC-CM1_Spec_WOC_20140915

ドイツのケルンにて行われている映像関連総合見本市「フォトキナ(Photokina)」で何やらおもしろそうなデバイスが発表された様子。


DMC-CM1_Spec_WOC_20140915
そのデバイスは「LUMIX DMC-CM1」。命名規則からも分かるようにパナソニックのコンパクトデジタルカメラの新機種…なのですが、ただのカメラではありません。

裏面はこんな感じです。
スクリーンショット 2014-09-15 22.21.34
そう、Android搭載です…!

Galaxy CameraシリーズやCOOLPIX S800cなどの前例はあるのですが、それらと比べると今回のPanasonicの新機種はセンサーサイズに長所があります。
このDMC-CM1は1インチセンサーを搭載していて画質面で優位に立てます。分かりやすいところで言えばSONYのRX100のような高級コンデジと肩を並べるセンサーサイズ。色物としてだけではなくカメラとしてのポテンシャルにも期待が持てそうですね。
レンズのほうはLeicaブランドで、「F2.8/ 28mm Leica DC Elmarit」との記載があります。

一応ガジェットブログ的にはAndroid端末としてのスペックにフォーカスしてみますと、

・SoC:Qualcomm MSM8974AB 2.3GHz Quad–Core
・RAM:2GB
・OS:Android 4.4
・ディスプレイ:4.7インチFull HD
・バッテリー:2600mAh

スマートフォンとしても結構な性能を持っていそうです(性能などの出典:公式サイト)。ちなみにLTE対応です。

スクリーンショット 2014-09-15 22.21.25
写真を見る限りではかなりスリムに仕上がっていそうなので、Galaxy CameraやS4 Zoom、K Zoomといった各機種と比べるとスマートフォンとして使う際の違和感や扱いにくさは少ないのではないでしょうか。

コンデジとしてもスマートフォンとしてもとしても高い性能を持っていて期待は高まるばかりですが、お値段も…。


899ユーロ(現在のレートで12万4500円程度)とかなり高価な様子。良い物なのは間違いないですがどう転ぶかは少し心配です。日本にも登場したらぜひ触ってみたい機種ですね!