2011年のMacBook AirをOS X Yosemiteにアップデートしてみた

2014.10.17 Mac・PC ライター:__agar

昨年「2011年のMacBook AirをOS X Mavericksにアップデートしてみた」という記事を書きましたが、1年経ってまた新たなバージョンが配信され始めました。さすがにそろそろ…という気がしますが今年もひとまずアップデート人柱と行きましょう。


DSC_0524
アップデートするマシンは昨年と同じMacBook Air(Mid 2011)の11インチモデル、最小構成のCore i5 2467M(Sandy Bridge)/RAM 2GBのタイプです。ただし前回のアップデートの後、純正の64GB SSDからTranscend JetDrive 240GBに換装しているので若干の変化あり(関連記事:Transcend JetDriveでMacBook Air(Mid 2011)を再生)。

DSC_0522
Mavericksの際に続いて今回もアップデートは無料。App StoreからDLを済ませてインストール開始。

DSC_0523
DLが終わった状態からの所要時間はおよそ30分強でした。

スクリーンショット 2014-10-17 11.01.08
起動したら利用規約の同意やiCloud関連の設定などをいくつかして完了。

スクリーンショット 2014-10-17 11.46.17
Mavericksの時点ではiOS7のデザインに合わせるような変化は見送られていました(部分的には取り入れていました)が、今回は全面的にフラットデザインに移行されています。
Windows8やiOS7などのターニングポイントで散々議論はされ尽くしたと思うので今更Yosemiteに大してフラットデザインの是非を問おうと私は思いませんし、これが今の流れなんだと思っていますが、その上でYosemiteのデザインに難点をあげるとするならば私は「色使い」です。

スクリーンショット 2014-10-17 11.32.10
妙に派手な色が増えてキツい印象。

スクリーンショット 2014-10-17 11.34.11
Finderもご覧の通り(1つだけ違う色になっているアイコンがこれまでの配色です)。どうも安っぽいというか偽物っぽい印象を持ちました。
先にも申し上げた通りフラットデザインに関しては個人の好む好まないは置いておいて時代の成り行きだと思うので大いにやってくれて構わないのですが、こう大幅に手を入れてイメージを崩してしまうのはどうかな?とも感じます。

スクリーンショット 2014-10-17 11.42.23
もう少しだけ配色絡みで続けさせてもらうと、初期状態では明るい青色がUIのアクセントカラーになっています。ちょっと気が散るな…と感じたのでグラファイトに変更。

スクリーンショット 2014-10-17 11.43.55
このようになりました。選択肢を与えてくれたのは助かります。
ついでに「メニューバーとDockを暗くする」にもチェック。

スクリーンショット 2014-10-17 11.46.29
透過なので背景色によって変わりますが、5つ上のスクリーンショットと同じ壁紙でこのような色になります。

スクリーンショット 2014-10-17 11.32.42
もう一つ、モバイルOSではあまりない場面なので考えることがありませんでしたが、こういったメニューまで透過されてしまうのは結構見づらいです。
ここは「アクセシビリティ→透明度を下げる」にチェックを入れるとオーソドックスな白背景になります。

スクリーンショット 2014-10-17 13.36.58
まとめると、システム環境設定の
・一般→アピアランス→グラファイト
・一般→メニューバーとDockを暗くする
・アクセシビリティ→透明度を下げる

この3点を設定すれば自分の場合(アイコン以外は)大幅に違和感を減らせました。気になる方は是非お試しください。

スクリーンショット 2014-10-17 13.41.37
UIの話が長くなってしまいました。この記事のタイトル的には一番肝心なところであろう、「Air(Mid 2011)でも快適に使えるのか」というところに話を移しましょう。

結論を言えば「RAM2GB環境でもMavericksより重いということはない」です。
筆者はメニューバーにメモリの空きを表示してくれるソフトを置いているのですが、Mavericksの時はメモリ解放しても負荷をかけていくとすぐガリガリと空きが減っていき、スワップが始まってしまいましたが、Yosemiteで様子を見ている限りでは明らかに挙動が変わっています。
OS側でメモリを解放してくれる場合が増え、スワップを使うまで行くことが大幅に減りました。この処理の違いもあってか以前より快適に使えているように感じる場面が多いです。

動作は問題ないですが手放しに今すぐ移行を勧められるというものではありません。

まず不具合に関してですが、自分が使用中に「不具合かな?」という場面に出くわしたのは今のところ一種類。トラックパッドジェスチャが効かなくなることが2回ありました。
1回目はLaunchpadとmission controlを呼び出すジェスチャが無反応に。キーボード上でのショートカットでは呼び出しができたのでジェスチャだけが効かなくなってしまったという状態。
2回目はLaunchpadとmission controlに加えて複数のデスクトップを行き来する3本指のジェスチャも効かずお手上げでした。
mid 2011固有で起きる問題なのか全般で起きるものなのかも含めて分かりませんのでご参考までに。

もうひとつは出始めなので致し方ないですが対応ソフトの問題。
お使いになるソフト、特に無いと支障が出るものに関してはかならず対応を確認してからアップデートしましょう。