MicroSoft「Arc Touch Bluetooth Mouse」レビュー

2014.11.05 アクセサリーレビュー ライター:__agar

DSC02201

MicroSoftが発売しているBluetoothマウス、「Arc Touch Bluetooth Mouse」を購入してみました。



専用の無線レシーバーをUSBポートに刺して使う仕様だった先代の「Arc Touch Mouse」をBluetooth仕様に仕立て直したような製品です。

DSC02201
パッケージはWedge Mobile Keyboardなどの近年の他のMicroSoft製入力機器と似ています。

DSC02202
箱を開けると曲げた状態の本体が鎮座しています。

DSC02204
その下には電池。よくよく考えるとほとんど空気じゃないか、というようなパッケージングですが楽しいのは楽しいですね。

DSC02205
伸ばすと電源オフ。薄い状態で持ち運び快適。

DSC02206
曲げると自動的に電源が入ります。この状態にしてしまえば持ち歩き時の姿からは想像できないほど普通のマウスですね。変わった作りですがそれなりにしっかりしていて無理な力を加えなければガタついたりはしないです。
スクロール用のホイールはタッチ式になっていますがフィードバックがあり違和感なく使えます。

Bluetoothでない旧モデルは黒でしたが、こちらのモデルの色はグレーとなっています。好みは分かれそうですがシルバー系の機器と組み合わせるならこちらも悪くないかもしれません。
ちなみにBluetoothバージョンは4.0と高めなので古めの機器との組み合わせには注意。USBレシーバーを通してまで使うならばより価格のこなれた旧モデルでも使い勝手は同じになってしまいますし…。

MicroSoftの作るハードは良い物や面白い物が多いですね。うまいこと携帯性と操作性を両立した良いモバイルマウスだと思います。Bluetooth仕様になってUSBポートを必要としなくなったのでWindowsタブレットのお供にも良さそうです。