VAIO type PにLubuntuをインストール

2014.11.04 Mac・PC ライター:__agar

先日購入したVAIO type P。XPのまま使うわけにはいきませんし7や8を入れるのも負荷が…とLinuxに手を出してみることに。
ディストリビューションはubuntuを軽量化した派生版、Lubuntuを選択しました。


DSC02762
公式サイトから32bit版をDLして、USBメモリに焼き込みます。

DSC02764
BIOSで外部デバイスの優先順位を上げて再起動。

DSC02769
「Install Lubuntu」を選択したら後は簡単です。

DSC02771
画面の表示通りに進めて行くだけ。だいたいここから30分程度でインストール完了しました。

DSC02772
起動直後の状態。特殊なアスペクト比のディスプレイであったりスティックポインターであったりと特殊な仕様ですがあっさり一通り動いてしまいました。

2014-11-03-231001_1600x768_scrot
このあたりからは記事書きに使えたらうれしいなあという期待を込めてtype Pで書いています(ありがちな展開で申し訳ないです)。

ディスプレイのリフレッシュレートが合っていないのか若干のちらつきが見られたり、スペック不足で文字入力が追いつかずせっかくのそこそこ優秀なキーボードを今ひとつ生かせなかったりとお世辞にも手放しに褒められる状態ではないのですが、腐ってもデスクトップOSで作業できるメリットは大きいです。

個人的にモブログをするのはどうにも苦手で、その理由はメディア挿入やそれに伴う取捨選択のめんどくささであったり、あるいは記事執筆と平行して行う調べ物や広告生成を考えると行き来の効率が悪かったり…という部分なのですが、type Pならその点においては無問題です。

あとは調整次第でもう少しまともな挙動になったらうれしいなあという印象。やっぱり現代のAtomでこういうマシンがあれば、と思わずにはいられませんね…。
良い変化が出せたらまた報告いたします。