ヨドバシの2015年お年玉箱を予想してみる(ミラーレス編)

2014.12.16 雑記 ライター:__agar

2014年も残るところところ約2週間、福袋の話題も聞こえてくるシーズンです。ヨドバシカメラの「夢のお年玉箱」も今年のラインナップが発表され、オンライン販売分は今年は18日の朝に受付ということになったようです。


2015年 夢のお年玉箱 限定予約販売 ― ヨドバシ.com

ラインナップを眺めていて気になったのがミラーレス一眼関連。
単に自分が今年一番お金を注ぎ込んだジャンルだから…というのもなくはないのですが、前回よりバリエーションが増えていることに注目。
前回は「ミラーレス一眼の夢(20000円)」一種類でしたが、

・クラシックミラーレス一眼の夢(50000円)
・ミラーレス一眼ダブルレンズキットの夢(40000円)
・コンパクトミラーレス一眼の夢(20000円)

の3本立てになっています。ある程度欲しいものを狙える…かも?
せっかくなので中身を予想してみたいと思います。
(ここから先は管理人の見解です。あくまで予想ですので参考程度にお留めください)


3D_12_1210
まず、3種類の中では最安のコンパクトミラーレス一眼の夢(20000円)。
こちらは昨年の「ミラーレス一眼の夢」と同価格である点、そして「コンパクト」というヒントからすると昨年同様にPENTAXのQシリーズであることは間違いないと思います。他にコンパクトといえばLUMIX GMなどもありますがこのお値段ではあまりに安すぎ、少々現実的ではなさそうです。

ただし、昨年と同じQ10のズームレンズキットということは無いでしょう。1年たっていますから実売価格も安くなり、今のQ10の最安価格はおおよそ17000円台。もしこれだとガッカリ袋です。

私の予想ではこの福箱に入りそうなのは後継のPENTAX Q7 ズームレンズキットです。

実売価格からすると少しお得でいい線行ってると思うのですが…どうでしょう?


3D_11_1210
お次はミラーレス一眼ダブルレンズキットの夢(40000円)。
かなりギャンブルな予想ではあるのですが一つ目のコンパクトミラーレス一眼の夢もこちらも、箱イラストにかなり特徴のある実在の機種っぽいイラストが描かれている気がします…トラップなのかヒントなのか。真偽は年が明けるまで分かりませんが、もしこのイラストを信用するならばということで話を進めましょう。

上のイラストを見てみると、ボディに対して大きなマウント部はNEXやα4桁機…特に5系列の機種を模した物に見えます。横に描かれた望遠と思わしき長いレンズのデザインもSEL55210っぽい配色。

時期的に考えるとα5000と見るのが妥当に思えますがヨドバシさんの今の販売価格が6万円超であることからすると安すぎるようにも思えます。
それから、ここまでイラストをソースにするのはいかがなものかとは思うのですが「黒のボディにシルバーの望遠レンズ」という組み合わせのキットはα5000や5100にはありません。望遠レンズも黒になっています。

ヨドバシ.comの(通常製品の)在庫状況からすると無いはずなのですが、これはSONY NEX-5T ダブルズームレンズキットのように思えます。どこかにまだ在庫があったのでしょうか…?


相場的に安すぎるように思えますが、もしEマウント機だとしたら5Tにせよα5000にせよかなりお買い得です。ただ、パッケージイラストが完全にミスリードで他マウントだった場合を考えると手放しにおすすめはできないですね…


3D_13_1210
最後にクラシックミラーレス一眼の夢(50000円)。

“クラシック”というのがヒントですが意外と難しいです。
最初はQ-S1かな?と思ったのですがズームレンズキットだと4万円程度で合いません。かと言ってこれと別に”ダブルレンズキットの夢”がある以上、他のセットはダブルレンズキットではないはず。

OM-Dシリーズはどうだろう、と考えましたが一番安いE-M10のボディのみでギリギリ射程範囲といったところ。さすがに福袋で開けてすぐ使えないということはなさそうなのでまず無さそうです。

ここで再び「パッケージイラストから推理する作戦」に戻ると、グリップの飛び出しが小さい直方体の筐体に、横方向にぐるっと巻かれた貼り革。FUJIFILMのXマウント系ボディが近いように思います。
となると、価格的に釣り合うのはX-M1あたりですが、レンズキットだと最安42000円、ダブルレンズキットだと55000円です。レンズキットでは安すぎるのでもしX-M1が入っているとしたらダブルレンズキットでしょう。

上で書いた「”ダブルレンズキットの夢”があるのだからこっちの福箱はダブルレンズではない」という話と矛盾してしまうのですが、X-M1には”ダブルレンズキット”と”ダブルズームレンズキット”があり、私が予想するのは”ダブルレンズキット”。こちらは現在他社で一般的なレンズ2本のキットには少ない「標準ズームと単焦点1本のセット」です(Eマウント初期にも似たようなセットが見られましたね)。これならばダブルズームと考えて買われることが多いと思われる”ダブルレンズキットの夢”ではなく、”クラシックミラーレス一眼の夢”に入っていてもおかしくはないのではないでしょうか。

よって、”クラシックミラーレス一眼の夢”の予想はFUJIFILM X-M1 ダブルレンズキットです!


私の考察は以上です。みなさんの予想はいかがですか?
予想が当たるか外れるかは来年まで分かりませんが、皆様が欲しい物を買えて笑顔で新年を迎えられることを祈っております。福袋購入予定の方々、応援しております!