Xperia Z3 Compactレビュー(1:開封)

2015.01.03 ガジェットレビュー ライター:__agar

今年最初の一台はこれを買いました!


Xperia Z3 Compact SO-02Gが白ロム4万円台に ― GeekDays

当ブログでも紹介していましたが、まだまだ新しいXperia Z3 Compactが比較的安くなっていたので購入(上の記事の時よりも値段は下がっていて3万円台です)。
買い納めのつもりだったのですが配送の関係で手元に来たのは今年なので買い初めということで。

DSC03270
Xperia Z3(下)と箱の大きさは同じですね。

DSC03273
付属品は卓上ホルダと交換アタッチメント、アンテナケーブル。定番の内容です。

DSC03277
色はオレンジをチョイス。オレンジとは言うもののほぼ赤です。
Xperiaシリーズがオムニバランスデザインになって早4世代目ですが期待されつつも出てこなかったカラー(そういえばZ1の赤が出るなんて噂もありましたね…デマだったようですが)。
色は文句なしに良いのですが背面のカメラやLEDの位置がZ3の端正なレイアウトと見比べてしまうと変な感じがします。Z1fもZ1と比べると配置が違いましたしスペースの問題でしょうか。

DSC03278
側面は樹脂製の透明なバンパーが一周するような形。正直これはどうも安っぽいですね…
ただ、薄いZ3と同じ作りではないおかげで野暮ったくは見えにくいです。Z1/Z1fでは両者が同じフレームデザインだったおかげで両方持つとZ1fの厚さが強調される感じがしていたのでデザインを差別化してきたのはアリです。またアルミ素材でないので冬でも冷たくないのは良いですね。


内蔵スピーカーはZ3と比べ篭っている印象ですがイヤホン出力時はZ3と遜色なく、サイズ的にもDAPの役目を十分負わせられる端末かも。ディスプレイはZ3と同様青寄りの傾向。今期のSoMCの方針なのでしょうかね?

Z3と同スペックで解像度のみFHDからHDに下がっているわけですから動作は期待通り。Z1fとほぼ同サイズで4.3インチ→4.6インチに画面サイズだけ大きくなっていますが十分扱いやすい範囲です。数字だけ聞くと4.6インチで小型とは時代が変わったなあという印象ですが、1年前の4.3インチ機と同サイズのガワに収まっているわけで十分に小さいのですよね。
コンパクトな本体に大して出来る限り画面を大きくし、かと言って無理にFHDにする必要がなく小型端末のウィークポイントとなりがちなバッテリー持ちへの影響も避けられる。4.6インチHDという解はなかなか絶妙なバランスではないでしょうか。

Z1fからの乗り換えですが、Z1fに感じたサイズの良さに大して重量が大きすぎる印象がなくなってより扱いやすい端末になった印象。小さくて軽くてハイスペック、本当に最近では貴重な機種です。次回に続きます。