Xperia Z2以降に搭載の「POBox Plus」のキセカエがなかなかのセンス!

2015.02.18 Androidアプリレビュー ライター:__agar

Xperiaシリーズに搭載されている文字入力ソフトといえばPOBoxですが、Z2以降の機種では長年親しまれた「POBox Touch」系列から「POBox Plus」にリニューアルされています。


高さと幅を変えられなくなった片寄せ時のキーボード、意図不明で高さ取りすぎなタブ式変換候補、廃止されるオンライン変換、「あ→A→1」強制のまどろっこしい入力切替…色々突っ込みどころ満載で、Z2系列の機種で最初に見た時は「こんなん退化やろ、▒▒▒▒▒が!!」と叫びそうな代物でしたが、Z3世代のものでは多少改善されていて上に挙げた欠点もいくつか減っています。

話がだいぶ逸れましたが、POBox Touchではキセカエキーボードといってストアから追加スキンをインストールすると外観を変えられる機能が付いていました(キセカエキーボード紹介(POBox Touch):Sony Mobile公式サイト)。
とは言ってもずいぶん前の機種から受け継がれているもので最近のフラットやらマテリアルやらなUIには合いそうにない一昔前なものばかりなのですが…。

つい最近気付いたのですが現行の「POBox Plus」にも同様のキセカエの仕組みがあるもののスキンはまったく別で用意されているのですね(おそらく互換性はない様子)。こちらのラインナップはさすがに今時、というか良いなと思えるものもあったのでいくつか抜粋して紹介してみます。なお一覧は下のページから。

キセカエ(POBox Plus):Sony Mobile公式サイト

Standard

Screenshot_2015-02-18-21-52-22
その名の通り標準、初期状態のテーマ。POBox Touch末期のものと配色は似ていますがシャドーがあっさりしていて今風。こっちを見た後にtouch 6.3を見るとなんだか古くさく見えてきます。

Wood

Screenshot_2015-02-18-21-52-38
プリインストールされているテーマです。POBox Touchでも同名のテーマがありましたが、落ち着いた色合いになり余計な装飾のないラインがシンプルで綺麗。

Standard Dark

Screenshot_2015-02-18-21-52-49
ここからは追加テーマです。こちらは初期テーマの色違いVer.で、白系のLightもあります。オーソドックスでどんなアプリにも合わせやすいテーマですね。

Leather Black

Screenshot_2015-02-18-21-52-59 Screenshot_2015-02-18-21-53-07
同じく黒系ですがこちらは革をイメージしたテクスチャになっています。
言いそびれましたがテーマに応じてメニュー部分や変換候補の配色も変化します(他のテーマも同様です)。

Antique PC

Screenshot_2015-02-18-21-54-39
リアルなキーデザインもさることながら、通常キー、BackSpace、Enterで変えられた打鍵音が絶妙。これをZ2 TabあたりのQWERTY入力で使ったら気分上がるだろうなぁ…。

Paper Mint

Screenshot_2015-02-18-21-54-09
紙の質感をイメージした柄に淡い色使いが素敵。このMintの他に2色ありますがいずれも雰囲気抜群です。

Flip Green

Screenshot_2015-02-18-21-53-29
これからのAndroidに絶対合う!という点で個人的イチオシはこれ。境界を目立たせないデザインはマテリアルなアプリとの親和性が高そうです。
これだけだとGoogle日本語入力のマテリアルスキンなどとそっくりなのですが…
Screenshot_2015-02-18-21-53-38
部分によって色合いの違うグリーン系色の幾何学模様が後ろに描かれていて、キーを押すとチラ見えするのがシャレてます。

従来のPOBox Touch用キセカエキーボードとはがらっと変わったラインナップで楽しめるので、Z2以降のXperiaをお使いの方はぜひ一度お好みのテーマを探してみてはいかがでしょうか。