Engadget主催の「MOVERIO BT-200」体験会に参加してきました!

2015.03.18 イベント ライター:__agar

Engadget主催の「MOVERIO BT-200」ブロガーイベントに参加してきました。イベントの様子とともにMOVERIOの魅力についてお伝えします。

MOVERIOとは

P1000111
MOVERIOはエプソンの作っているいわゆるスマートグラス型のウェアラブル端末です。同社は2011年にBT-100というモデルを発売しており既に2世代目の機種となります。まだまだ途上のジャンルだからこそ一日の長があるというのは大きいですね。

MOVERIO体験会の様子

P1000110
今回のイベントはEngadget主催、人数は少なめで各テーブルにエプソンの社員さんが付き歓談しつつ意見交換できるなど距離感の近いイベントとなっていて有意義なひとときでした。

P1000112
BT-200はAndroidベースのウェアラブル端末で、情報を表示するメガネ部分と操作を行うコントローラーに分かれています。

P1000114
手持ちのスマートフォンやタブレットから映像や画像を転送して使ったり、あるいはレコーダーなどからMOVERIO自体のストレージに転送して楽しむこともできます。

というとコンテンツの再生をするのが主な用途なのかな?となるところですが、実はそれだけには留まりません。「見る」だけならもっと前からあるHMDの世界です。
MOVERIOは先述の通り中身はAndroid端末なのでそれ自体にアプリを入れてより発展性を持たせることができます。

P1000115
いちおしはTwonky beamのMOVERIO版とのことで、これを使えばレコーダーを通したテレビ視聴や録画番組の持ち出しなどが快適に行えるようになります、新ジャンルのデバイスながら中身は既存のプラットフォームゆえにすでに作りこまれ評価を得ているものを取り入れやすいというのは強みだと思います。

P1000116
よりアクティブな使い方としてはドローンやアクションカムからの映像をウェアラブルで楽しむことも。もちろんドローンの制御もできます。

P1000130
使い方はまだまだ未知数の部分も大きいように感じましたが、専用のアプリの開発もしやすい環境になっているとのことで普及次第で化けてくるかもしれませんね。


P1000124
ちょっと休憩。

質疑応答

この手のイベントでは欠かせない質疑応答。メーカーの方々と直に意見を交わせる貴重な機会です。実際に会場で上がった質問をいくつか取り上げます。

Q.OSアップデートはあるか、3G/LTEモデルの予定はある?
どちらも現時点では決定されている事項はないようで婉曲表現な回答でした。
(私的にはOSアップデートはAndroidベースではあるものの特殊用途の端末ですしセキュリティ関連だけ対応してくれれば別に…と思ったり。3G/LTEもあるに越したことはないのでしょうがこれ以外の通信機器を持たない状況も考えにくいような…?)

Q.アプリの開発環境は?
専用アプリの開発者サイトが用意されていてそこを通してSDKのダウンロードや専用マーケットへの登録が可能。基本的には通常のAndroidアプリの開発環境に準拠。

Q.型番の「BT」って何の略?
対外的にはブレイクスルーですが…実のところは前モデル当時のプロジェクト担当のお二人の頭文字を合わせただけ(!)

Q.壊れやすい部分はありますか?
今回のイベントは発売直後ではないため既に発売してからフィードバックして改善している点があって、メガネのつるの部分が初期モデルは折れやすかったが既に改善している。

モニター機!

DSC_0582
9月までの半年間、こちらの「MOVERIO BT-200」をお借りできることになりました。グラス型のウェアラブルはまだ使ったことがないのでじっくり試して行きたいと思います。

貴重な場をご用意くださったEngadget、セイコーエプソン株式会社、アジャイルメディア・ネットワークの関係者様各位にお礼申し上げます。