「LUMIX DMC-GM1」購入

2015.03.07 カメラ ライター:__agar

DSC04155

マイクロフォーサーズのカメラだとOM-D(E-M1かE-M5IIあたり)など興味津々だったのですがAPS-Cサイズセンサーのマウントを主に使っている以上、センサーサイズ至上主義ではありませんが明確な目的やメリットなしにおいそれと投資できないよなあと手は出さずにいました。しかし、コンパクトなシステムを組めるというはっきりしたメリットのある機種とあっては別です。


DSC04152
気になっていたLUMIX GM、買っちゃいました。

GMシリーズには最近EVF付きのGM5と、GM1のマイナーチェンジ版GM1Sが追加されていますが、GM5のEVFはあまり欲しいと思わなかったこと(この程度ならウリのサイズを優先したい)とGM1Sの追加機能にあまり興味がなかったことから価格のこなれたGM1を選択。色もこっちのほうが欲しいのありましたしね。

早速開封します。
DSC04155
色はオレンジをチョイス。カメラは黒しか選んだことがなかったのですがこの可愛いカメラで黒というのも芸がないですし、あれやこれやと本気のレンズをとっかえひっかえするカメラでもないなと思ったのではっちゃけてみました。

DSC04153
ショルダーストラップ、バッテリーチャージャー、ケーブルなどが付属しています。

DSC04157
本体の背面。小さいだけあって最小限の操作系ですね。小ささもあって後ろから見るとコンデジのような感覚です。

DSC04156
ダイヤル類。シャッターボタンと電源レバーの他にはモードダイヤルとフォーカスモードのダイヤル。MFで撮る機材ではない(特にキットレンズに至ってはフォーカスリングすらないので非常に面倒ですし…)ように思うのでここは他の機能が欲しかったです。

DSC04161
底面。バッテリーとSDカードスロットが詰め込まれています。観察してみるとマウントの裏までこのスペースが入り込んでいてかなり限界まで小型化している苦労がうかがえます。

DSC04158
12-32mmのキットレンズは非常にコンパクト。フォーカスリングを省略するなど割り切りは見られますがズームレンズを使うならGM1とのベストコンビなのかもしれません。

DSC04159
沈胴式なので撮影時は広角端の位置まで繰り出してやる必要があります。

ただ小さいだけなら他にも選択肢はありますが、GMは小型軽量路線でもエントリーモデルではないという結構珍しい立ち位置です。
マグネシウム合金のボディに人工皮革の張り革もしてあるボディは小さいながら所有感はありますし、タッチパネルやWiFiなど付加機能もこのサイズでばっちり備えています。
性能面で言えばセンサーは上位機種のGX7と同等ですしなかなか贅沢なコンパクトなんです。

操作性が弱点であるのは否めないのでこれ一台で上位機種と同じことがこなせるとは自分は思いませんが、他のカメラをメインで使っている人、特に普段なかなか持ち歩けなくてどうしても休日カメラマンになってしまうという人には普段使いのサブ機として結構魅力的に写るのではないでしょうか。
私もそのような理由で買ってみたのですがこれでどこまでやれるのか、追々撮影例を上げて行きます。