Xperia Z1 SOL23をSIMロック解除してみた

2015.03.04 雑記 ライター:__agar

Xperia Z3を購入してから以前使っていたZ1はほぼ眠っている状態(自然文鎮化して新しいのを届けてもらった時のピンチヒッターなどには活躍してくれましたが)で、Snapdragon 800ならまだまだ大きな不満はなく使えるのにちょっともったいないなあと。


ただau回線を増やす気はなくもし増やすとしても新しい端末を買うでしょうし、au系のMVNOを契約する予定もないので完全に持て余している状態でした。ならばdocomo系のMVNO SIMが余っていますしSIMロック解除してしまえばいいおもちゃになるか!ということでSIMロック解除してみることに。


DSC_0531
解除方法についてはHTC速報Dev様の記事を参考にしました。お世話になっております!

大まかな流れとしては

1.au版のシステムそのままでは解除コードを入れられない+解除しても通信がうまくできないのでdocomo版か海外版のftfを焼く

2.SIMロック解除コードを任意のサイトで購入する

3.他社SIMを挿入して電源を入れるかコマンドをダイヤルするなどの方法で解除コードの入力画面を出す

4.購入した解除コードを打ち込む

といった具合です。

1.ftfを焼く

今回はdocomo本家のSIMを入れるわけではないのでdocomoの各種プリインアプリがあってもあまり意味がありませんし、海外版のftfを焼くことに。
おそらく国内版には来ないあるいは来ても国際版よりは遅くなるLollipopアップデートが来ればぜひそちらを入れて遊びたいですが、まだ来ていないのでC6903のAndroid 4.4のftfを導入。

2.SIMロック解除コードを購入する

今回はsim-unlock.netというサイトで購入。今回の解除コードの価格は約35USDでした。
結構日数がかかるので気長に待ちましょう。先にこっちを発行してからスタートしたほうが良いかと思います。
発行が完了するとメールで通知され、本文内のURLからコードを確認できます。

3.解除コードの入力画面を出す

Screenshot_2015-03-04-22-11-14
電源を切って他社SIMを入れて再起動するのが早いですが、他社SIMがない(無かったら解除しないとは思いますが…)あるいは電源を入れ直すのが面倒な場合は電話アプリから「*#*#7465625#*#*」とダイヤルしても同じ画面を出せます。

4.解除コードを打ち込む

発行された解除コードには何種類かの数字が書いてありますがNCKと書かれているコードを入力します。これでSIMロック解除は完了。


通信テスト
Screenshot_2015-03-04-22-29-28
docomoの音声契約SIMをさしてNTT DOCOMOの表示を確認。通話も可能でした。

Screenshot_2015-03-04-22-37-08
今回の目的だったMVNOデータSIM(Tikiモバイル)での通信は残念ながら出来ず。キャリアのSIMロック前提かつCDMA2000向け端末を無理矢理こじ開けている以上こういうこともあります。うまく行くこともあるんですけどね…(以前SOL22で同様のことを試した際はデータ通信まで可能でした)。

必ずしも期待通りの結果が得られるわけではなくアンロックコードも安くはないので道楽以外ではおすすめできません。白ロムが安価なau端末をdocomo系のMVNOで〜という皮算用で手を出すなら最初からdocomo系の機種でも買ったほうが良いでしょう。

ただこういうの楽しいんですよねぇ…何か進捗があればまた追記します。


3月14日追記
docomo純正のデータ契約SIMでも同様にアンテナピクトは立つもののAPN設定しても通信出来ず。
ftfを14.3.A.0.681(Commercial&Journalist)から14.3.A.0.757(CE_Unbranded)に変更してもSIM2枚とも同様の状態。解除方法を解説しているHTC速報Dev様にもある通りアンロックコードの発行元による違いや個体差があるのかもしれませんね。


4月14日追記
Screenshot_2015-04-14-23-13-24
ROMの焼き変えをした際に何の気なしにSIMを入れてみたら通信できていました。再起動などを行ってもこのROM(14.5.A.0.242)では正しくつながる状態。
Unlock自体は正しくできていてもROMによって動作が変わってくる様子。