MEDIAS W N-05Eレビュー

2015.04.06 ガジェットレビュー ライター:__agar

最近ドコモオンラインショップで大量に放出されたりした影響なのか、新品でも2万円ほどで買えるように落ちてきたMEDIAS W。まあスペックや年式を考えるとそれでも安くはないのですが2画面スマホというキワモノ、そして今は亡きNECカシオのスマートフォンということで一度は手元に置いてみたい機種だったので購入。


DSC04445
箱はMEDIASシリーズおなじみの白黒のやつ。

DSC04446
付属品というほどの付属品もないのですが、試供品扱いで両面分の保護フィルムが入っていました。国内のキャリア向け端末ではほとんど見たことがないですし、両面ディスプレイというちょっとリスキーな仕様ゆえの配慮でしょうか。

DSC04449
2画面折りたたみという強烈な個性を放つ仕様。
ヒンジの感触や音がとても心地よいです。程よい重量と相まってモノとしての満足度は高いですね。

DSC04447
開くとこんな感じ。

DSC04450
1画面あたりの大きさは4.3インチと小ぶりなのですが特殊な構造の兼ね合いか本体が妙に長細く、縦は5インチクラスの機種と同じくらいあります。

DSC04452
裏画面のほうに主要な部品はほとんど付いていて、表画面のほうは薄いです。

DSC04451
画面を開いた状態での裏側(内側?)は当然カメラやFeliCaなど何もないのでシンプル。
DSC04453
電池や各種スロットはこの中。

DSC04454
DSC04455
左(表)の画面を基本使うようになっていて、2画面に引き伸ばすこともできます。
あるいはメインのアプリを左画面のみに出した状態で右側に別のアプリを出すことも…できるのですが対応アプリはかなり少数。

2画面繋げた表示だとほぼ正方形に近い表示でイマイチ使い勝手はよくなく、別々のアプリを表示するのはモノが限られ…というかSnapdragon S4,RAM 1GBでは荷が重いです。レスポンスもかなり厳しいものがありました。
残念ながら折り畳めて画面が2つある意味が感じられないのですが、もし生まれる時代が1年違ったらもう少し実用性のあるものに仕上がっていたのかもしれないと思います。

実用性に関してはともかく、先述のヒンジの件といい相当お金のかかったデバイスなのは間違いないと思います。最終作となったN-06Eは実用品としての完成度が高かったですが、こちらのN-05Eは「やりたいことをやり尽くした」感が素敵な贅を尽くした一台だと感じます。

コレクションとして置いておきたい人や何をするでもなくパカパカしたい人にはおすすめします、所有欲は満たせる機種です。