HTC J butterfly HTV31購入レビュー

2015.06.13 ガジェットレビュー ライター:__agar

6月5日に発売されたばかりのau夏モデル、「HTC J butterfly HTV31」を購入しました。


IMG_20150613_245811099
「夏モデルみんなSnapdragon 810だし…あれ熱いみたいだし今期は何も買わなくて良さそうだな〜」とぬか喜びしていたのですがやはり1台は買わないと落ち着かなかったのでHTV31を買ってみました。
最近のHTC端末ではおなじみの「お弁当箱」に入っていますが中身はスカスカでテレビアンテナケーブルぐらいしか付属品はありません。もう小さい箱にしてくれてもよさそうなところですが…。

P1000309
やっぱり決め手はいかにもよく撮れそうな大きなインカメラ!
…なわけはなく。女子力がないのでインカメラはあまり使わないです。見た目は国内未発売のDesire EYEに似た感じ。

P1000311
他のほとんどの最新機種と同様にバッテリーは取り外せず、micro SDやnano SIMは側面から入れるようになっています。トレイ式なのですがよくあるピンで取り出すものではなく直接引き出せるのは珍しいですね。

P1000316
で、実際のお目当ての機能はこちら。カメラのマニュアルモードです。前モデルからある機能で目を付けていたのですが素晴らしい。
まあ単にマニュアル設定で撮れるだけと言ってしまえばそれまでなのですが視覚的で操作も楽しいですし、直感的&無段階のホワイトバランス調整なんて下手なカメラより快適です。
性能競争に行き詰まったのかカメラを売りにしてくるメーカーも多いですが、マニュアル撮影重視なら断然これ。半ばカメラブログになりかけている当ブログ一押しです。

P1000317
今でこそ一般的になってきましたがフロントデュアルスピーカーを付け始めたのはHTCが早かったですよね。
beats audio、JBL、海外ではharman/kardonも、と組むブランドは変えつつ音楽再生、特にスピーカーには力を入れていた印象。今回のHTV31ではDolby Audio対応となっています。
スピーカー、イヤホン両方で何曲か聴いてみましたがなかなか良いです。beatsと組んでいた頃はやはりドンシャリ系だったのですが今回は癖のない音で比較的万人受けしそうな感じ。個人的にはこのほうが好きですね。

WQHDの高解像度ディスプレイを搭載しているので負荷も心配されますが動作は問題ない印象。ただそれを支えるSnapdragon 810の宿命として発熱はそこそこしますね。バッテリーも待機時の消費量は良好ですが使うとガンガン減ります。

P1000313
P1000314
外装はプラスチックですが、それでも安っぽさや手抜き感は与えないのが老舗の実力を感じますね。
(これがある事自体は好ましくないですが)背面のカメラ周りの突起など非常に滑らかで美しいですし、その周りを見ればサブカメラやLEDを埋め込んでいる部分も綺麗に収まっていて惚れ惚れします。
スピーカー部の非常に細かな多数の開口部も素晴らしい仕上がりですし、こういった細かいディテールが完璧なんですよね。安易にアルミだガラスだと素材に頼ったり、仕上げでそれを台無しにしている機種よりよっぽど美しいです。

インカメラを売りにしてみたり”自撮り”層にアピールしていきたいのでしょうが、古くからスマートフォン業界を支えてきてマニア人気も高い「HTCらしさ」は健在です。非常に幅広く誰が買っても楽しめる機種ではないでしょうか。