α6000のアップデート(2.00)をしてみる、起動が爆速に!

2015.06.26 カメラ ライター:__agar

6月16日から配布開始されたα6000のソフトウェアアップデートを適用してみました。


P1000254
主な変更点はXAVC S対応と起動速度の短縮。動画は撮らないのであまり関係ないのですが、AFや連写などミラーレス最速クラスのα6000に起動速度の短縮まで入れば絶対便利!ってことで超期待しつつアップデート。

アップデートはこちらから。母艦はWinでもMacでも大丈夫です。

アップデートしようとして気付いたのですがこのアップデートの前に3月に「SEL24240」「SEL35F14Z」「SEL28F20」「SEL90M28G」の4本の新レンズに対応するアップデートが来ていたんですね。SEL28F20買ったのに気付いていませんでした(汗)。アップデートしていなくても撮れるのは撮れますが、この4本のレンズを迎えた方は必ずアップデートしておきましょう。

今回はMac用のツールでアップデート。
スクリーンショット 2015-06-26 17.27.25
基本的にはカメラの電源を入れて繋ぎ数クリックするだけ…なのですが、アップデート用ソフトがおかしいのかエラー多発。2,3回やり直す羽目に。まったくカメラの電源が入らない状態で中断になってしまうこともあったのでかなりヒヤヒヤしました。
NEX-5Rを使っている当ブログのライターは(Windowsでの)アップデートは簡単だったと言っているのでMac用のツールが駄目なんですかね…?なんとかしてほしいものです。

何はともあれアップデート完了。肝心の起動速度ですが、電源を完全に切った状態からの起動(前から電源を切ったばかりの状態での入れ直しは時間短縮されていたので)がかなり変わったようで、電源を入れてからモニターに映像が出るまでのタイムラグが大幅に軽減されています。これはやっておいたほうが良いですね。