「AQUOS ZETA SH-03G」購入レビュー

2015.06.22 端末レビュー ライター:__agar

夏モデル購入2機種目。docomoの「AQUOS ZETA SH-03G」を購入してみました。


DSC05096
前モデルと同じ狭額縁のEDGESTデザインを引き継ぎ、SoCをSnapdragon 810へと変更した後継機です。

DSC05097
背面。鏡面というかメタリックというか、「こういう折り紙あったよね」って感じの赤です。個人的には安っぽい気がしますね…Z4といい今シーズンは質感イマイチな子が多いような…そのあたりの議論は置いておいてフレームはなかなか良い色が出ています。

DSC05098
(iモードケータイにはありましたが)SHARPのスマートフォンでは今回初めて搭載された指紋認証。
iPhoneなどの指を置きっぱなしにしておくタイプではなく以前のARROWSシリーズのような指をスライドさせるタイプのもので精度は完璧ではないですがまあまあ。
「FIDO」という生体認証の標準規格に対応しているので端末のロック解除だけではなく様々なサービスで指紋認証を使えるようになる可能性があるのは魅力。現時点ではdocomo IDの認証に使えるようになっています。
ちなみに指紋認証搭載のスマートフォンはたくさんありますが現時点でこの「FIDO」対応なのはSH-03GとSC-04G/05G。また虹彩認証のF-04Gも対応となっています。2015夏モデル以降というわけですね。

IMAG0009
前モデルでも搭載されていましたが特徴的な機能のひとつがグリップセンサー。
モーションやジェスチャーでスリープのON/OFFを管理する系の機能には付き物だった非使用時の誤爆。それを解決するために役立つのが「携帯を持っている」状態を検知した上でそういった機能が発動するようにできるのがこのグリップセンサー…なのですが、どんどん大型化しているZETAシリーズとこの機能の相性、悪いと思います。
グリップセンサーは誤爆防止のために端末の左右の側面に付いていて、両方のセンサーが反応して初めて「携帯を持っている」と認識するのですが、画面サイズ5.5インチで幅76mmもあるこの端末では大きすぎて普通に持つと両サイドを握り込むような形にはならないんですよね。もう少し仕様を詰めて欲しいところです。
グリップセンサーの部品がせっかくのアルミフレームを取り入れたデザインを崩しているのもいただけない所。

DSC_0004
SH-01/02Gに続き「GR Certified」のお墨付きをもらっているカメラはなかなか。拡大するとそれなりですがSNS投稿などが中心になるであろうスマートフォンのカメラとしては十分でしょう、縮小して見る分にはなかなかうまく出来ています。
難点を挙げるとすれば室内や白い被写体が画面内にあるときなどかなり暗めに仕上がるので注意。補正してあげたほうが良いかもしれません。

Screenshot_2015-06-22-18-15-24
ナビバーが3キーになったり、Lollipop仕様で通知領域が標準的なものになったことも含めてだいぶSH特有の癖が無くなって良くも悪くも普通のAndroidスマートフォンになった気がします。

購入してから気付いたのですがデフォルトフォントがモリサワ新ゴMからAndroid標準のRoboto Regularに変わっていますね。これまでのSHARP機のフォントって英数部分が癖があって嫌いだったのでちょっと嬉しかったり。
Roboto Regularも以前から入っていて選択できたのですが設定でフォントを選んでもなぜか変わらない場所があったりしてなんとも嫌だったんですよね…初期値がこちらになったせいかそういう場面を見かけなくなりすっきり。なおモリサワ新ゴMも収録自体は引き続きされているので設定を変えれば使えます。

フォントの話ついでに文句を言いたいのがステータスバー。ありそうでなかったと思うのですが、ステータスバーにまでフォントサイズが連動してしまいます。文字を大きくしたい側ならこういう発想もありかと思うのですが、筆者の場合5インチクラスのスマートフォンだとフォントサイズ中ではどうも大きすぎる気がしていつも1つ小さくしているんですよね。小さくするとステータスバーのレイアウトが汚くなってしまいかなり残念な見た目に。

Screenshot_2015-06-22-18-14-50
Snapdragon 810搭載端末はまだあまり色々触っていないので確かではありませんが、WQHDのHTV31と比べると使用時の電池の減りは穏やかに感じます。発熱もそう多くは感じないですね。S810端末の中では「当たり」の部類に入るのではないでしょうか。
実質価格でも結構なお値段なので「買いましょう」とは言いにくいですが、もし買い換えのタイミングが来ているなら夏モデルの中では結構アリな選択肢かと思います。