「プライベートビエラ(UN-10T5)」モニターレビュー(3:スマホで視聴)

2015.07.27 ガジェットレビュー ライター:__agar

アジャイルメディア・ネットワークさんの企画で、パナソニックさんの「プライベート・ビエラ UN-10T5」をお借りしています。今回は前モデルにはなかったスマホでのリモート視聴を試してみます。

プライベートビエラ側の準備

DSC_0105
まずはネットワーク設定が必要です。オフラインで使用している場合はプライベートビエラのモニター部とレコーダー部を直接無線で繋ぎますが、オンラインにする場合は2台両方をご自宅の無線LANルーターに接続するか、レコーダー側を有線LAN接続するかの選択肢があります、
今回は無線LANを選択。

DSC_0106
そして「宅外リモート設定」をオンに。

スマホ側の準備

Panasonic Media Access 3.1.0
カテゴリ: –
販売元: Panasonic Corporation
サイズ: 15M
インストール数: 50,000~100,000
更新日: 2015年6月22日
対応OS: Android4.0.3 以上
平均評価: 3.4 (329件の評価)
Google Playで詳細を見る

視聴したいスマホ/タブレットに「Panasonic Media Access」というアプリを入れます。

DSC_0108
このアプリで出来るのは大きく分けて放送中の番組をプライベートビエラのチューナーを通して視聴する使い方とチューナーで録画した番組の視聴の2種類。
録画番組の視聴もするにはCLUB Panasonic IDの取得が必要です。

DSC_0110
テレビ機能のない機種には良さそうですね。内蔵のテレビ機能のような感覚で使えます。スマホ自体でテレビ受信するわけではないので電波状況がさほどシビアでないのもメリット。

不満点

便利な機能なのですが実際に試してみるといくつか不満も。

・アプリのレスポンスが悪い
リモートなので接続に時間がかかるのは仕方ないと思うのですが。特に関係のないメニューの行き来などがもたつくなどアプリの出来はイマイチ。

・アカウント周りが煩雑
自分の持っている機器同士を繋ぐだけなのに先述のCLUB Panasonic IDが必要であったり録画予約をするにはそれを使ってDiMORAというサービスに登録しなければいけなかったり、それには有料のプレミアム会員もあったり…と分かりにくいのでもうちょっとまとまっているといいですね。ちょっととっつきにくいです。

・モニターとレコーダーの電源を切っていないと使えない
意外と重要な点かと。電源を入れたまま出かけてしまったら使えないんですね。ちなみに電源を入れたまま接続しようとすると「電源を切ってから接続してください」と表示されるので電源が入っていることは認識できて接続自体はされている模様。だったらリモートで切ってくれても良さそうなものですが…。
1枚のB-CASで2ヶ所で視聴できてしまうのはまずいとかきっと色々事情があるのだろうとは思うのですが実装の仕方に不満。

気になる点は少なくないですが、リーズナブルなディーガの上位機種を中心に搭載されている機能が比較的リーズナブルなプライベートビエラでも同等に使えるというのは魅力。購入した方は試す価値ありです。