SONYのクラウドファンディングで出てきた腕時計「wena wrist」に出資してみました

2015.09.01 雑記 ライター:__agar

みなさんはFirst Flightというサイトをご存知でしょうか。いわゆるクラウドファンディングなのですが、変わっているのがこのサイトを運営してクラウドファンディングをしているのはあのSONY。既に十分な販路や資金を持っているメーカーが通常の商品では出来ないものを送り出すために作ったサイトというところです。


あえてそのような手法を選んでいるだけあって、出てくるのはなかなか個性的なガジェットばかり。

First Flight(公式サイト)

そのFirst Flightで8月31日に新たに支援の募集が始まったのがwena wristという商品。腕時計型のデバイスです。

スマートウォッチならSONYは正規の商品として既に何機種か送り出しています(系列のSony Mobileの商品ですが)。なぜこのような形で出してきたのかと見てみると…どうやら一般的なスマートウォッチとはコンセプトがまったく違います。

Front_Silver_3hands_800
見た目は普通の腕時計。
その中に、FeliCa(おサイフケータイ)、通知、ライフログの3つに絞って機能を搭載してきています。

design_assembly
文字盤の部分はあくまで普通の時計として独立していて、その他の機能はバンドの駒に分散して組み込まれているようです。

個人的には欲しかった物ドンピシャでした。
スマートウォッチっていつも常に着けられる人は限られていると思うのです。
かと言って常に着けていなくては役に立ちません。

仕事は普通の時計、プライベートはスマートウォッチ…使い分けていたら毎日の半分は普通の時計になってしまうわけで、「時計に通知がくる」ライフスタイルに馴染みきれませんし必要にもなりにくいです。
もっと悲惨なのはライフログ系の機能、こればかりは本当に常にないとまるで意味を為しません。

wena wristなら普通の腕時計として相応にふるまえると思うのですよね。日本の社会人に贈る腕時計型デバイスの最適解な気がします。現物を見ていない、しかもクラウドファンディングで限られた人しか入手できないのにここまで持ち上げてしまうのは早計かもしれませんがかなり期待。

function_image_1
一番惹かれたのはウェアラブル端末でFeliCaが使えるという点。おサイフケータイ以上にスマートですよね、財布を開ける手間どころかレジで携帯を取り出す必要すらないのですから。
私は普段iDをよく使っているので現時点での仕様でも満足ですが、モバイルSuicaなんて対応してくれたら最高ですね。

スクリーンショット 2015-09-01 0.40.08
コンセプトが大変気に入ったので早速支援しました。到着は2016年3月頃とのことで待ち遠しいです。

ちなみに現時点で発表されている仕様ではiOSのみの対応となっています。Androidもやってくれればいいのに…
このためだけにiPhone購入も辞さない構えですが対応してくれるとありがたいですね。

色や盤面のスタイル、早期購入の割引などがあって支援額は34800円から69800円と幅広いです。支援人数には限りがあるので、希望のタイプや予算で手に入れたければ早めの申し込みが吉です。

申し込みページはこちら