両方使って分かった、Desire 626/EYEはここが違う!

2015.10.25 ガジェットレビュー ライター:__agar

今月日本向けに発売されたHTCのSIMフリースマートフォン「Desire 626」と「Desire EYE」。発売日に626、数日後にEYEを購入してしばらく利用してみました。


OSバージョンやUIは同じなので、店頭で少し触っただけだと「スペック以外は同じなのかな」という印象だったのですが、実際に両方使ってみて違いが見えた部分もあったのでご紹介したいと思います。

動作の体感速度

一番当たり前なことから片付けて行きましょう。価格帯もスペックもまったく違う2機種ですのでさすがに動作はまったく違います。

EYEに搭載されているSnapdragon 801は今でも動作の良さや発熱の少なさで評判が高く、Desire EYEにおいてもやはり不満なく良いパフォーマンスを発揮してくれています。正直、最新のS810を投入する端末でも「801のほうが良かった」と思ってしまうようなものが多いので動作に関しては最高クラスだと思います。

Snapdragon 410のDesire 626ではカクカクした動作が見られることもあります。ただ「文字入力がもたつく」などの実用性に大きく響く遅さではないので3Dを多用したゲームなどをしなければ十分満足な動作ではないかと感じました。

バイブレータの音

意外とマニアは気にするポイント。
EYEはなめらかな回転でタッチキーのフィードバックにしても着信のバイブにしても電子音かな?というような綺麗な音で出てくるのですが、626はブーンといかにもモーターが回っている音ですね。高級感はEYEかと。

カメラ機能

Desire EYEはインカメラを売りにした機種なので自撮り関連の機能は626と差がある、というのは気付いていたのですが、実はアウトカメラも使える機能が違います。
Screenshot_2015-10-25-07-35-41
「マニュアルモード」と「手振れ防止モード」がEYEにあって626にない機能です。
HTCのカメラアプリのマニュアルモードはかなり使いやすく設定の幅も広いのであると便利。これが使えないのは惜しいですね。

他にカメラ関連の使い勝手で変わってくる点としてはEYEだけカメラキーが付いているのも片手で撮りたい時には重要かも。

ダブルタップ起動

ダブルタップ起動、と書きましたが他にもいくつかのジェスチャ操作がEYEには搭載、626は非搭載となっています。
Screenshot_2015-10-25-07-57-16
「Motion Launch」という設定項目から見られるのですが、ロック解除以外にも直接ロック解除をしたりBlinkFeedを呼び出すような設定もできます。電源ボタンを使わずにスタートできるのは一度慣れると手放せなくなる機能なので、他の機種で似たようなものを使ったことのある方はEYEのほうが良いかもしれませんね。

音質

DSC00093
スピーカーでの音質はEYEのステレオスピーカーのほうが格段に良かったです。他のHTC端末でも広く採用されていますが、フロントステレオスピーカーだと横持ちでゲームなどをしても音が遮られにくい(下側面にあったりすると塞がれて聞こえなくなってしまう)のでスマホのスピーカーの位置としては理想的ですね。

イヤホン・ヘッドホンで聴く場合であっても、ハードの違いもソフトの違いもあるかと思いますがEYEが勝っています。626の場合HTC BoomSoundは非搭載です。

まとめ

「見比べると分かる」ものや「あったら便利」的な違いが多いので、一度実際に触ってみて626の動作でも十分だなという方はそのほうが良いかと。
docomo網で快適に使える一番いいHTCが欲しい人はEYEですね。

SPモードも使えるようになりましたし、今が最高に買い時だと思いますよ!