Desire 626が良かったのでEYEも購入してみました

2015.10.21 ガジェットレビュー ライター:__agar

発売日に購入した日本版Desire 626(レビュー)がとても気に入ったのでここ数日はほとんどこればかり使っていて、twitterでも「メーカーからお金貰ってるんじゃないか」ってぐらいずっと褒めたり勧めたりしています。ちなみに一銭も貰ってません。


同時期に買った別のスマートフォン(こっちをメインで使おうとしていました)があまりにもあんまりだったので、626がこんなに良いならメインもHTCにするか!というわけで同時に発売されたDesire EYEも買ってきました。

開封・外観

DSC00087
色はEYEも青にしました。赤も綺麗な色で良いと思ったのですが、真っ白でさらさらな背面が汚れそうだったのでこちらに。

DSC00088
初回版なのでDot View Caseも付いてきました。基本的にはサイズが違うだけで626のものと同じですね。
ケースに付いてはこちらの記事をご覧ください。

DSC00089
付属品はmicro USBケーブル、ACアダプタ、イヤホン。付属品も626と同じです。

DSC00094
青系の色が薄いものから濃いものまで3色組み合わされているのですが、配色もデザインもとても綺麗で個性的です。これは愛着がわきますね。

DSC00095
裏面は626とほぼ同じ色合い。

DSC00097
カメラ周りが水色なのが626、カメラの縁取りがなくて下の方の表記類が水色なのがEYEです。そっくり。

DSC00098
Desire EYEは防水なので、nano SIMとmicro SDのトレイはパッキン付きの特殊なものになっています。
HTL23やHTV31と似た作りでした。

DSC00093
スピーカーは本体の前面にあるのですが一見するとどこにあるのか分かりません。実は上下の水色の帯と画面の間に細い隙間があってここがスピーカー。本当に細部までこだわられていて美しいデザインです。

他機種との比較

そうそう!実は私、626とEYEだけではなくてHTV31も買ってるんですよ!何気に今年日本で出たHTC端末はコンプリートです。
DSC00091
せっかくなので並べてみました。
EYEはJ butterfly(HTV31)とほぼ同じサイズですね。このインカメラの付け方だとどうしても縦長になってしまうので収納が少し困る、というのが数少ないデメリット。

DSC00096
butterflyとEYE、似たようなインカメラを強調したデザインの2機種ですが、EYEは大きなカメラの横にフラッシュまで付いて完全にメインカメラ並ですね。
カメラアプリにも美肌機能などが付いていて力を入れられているポイントです。

DSC00099
左から626、EYE、butterfly。626とEYEは同じくらいの厚さ。
フラットな作りの2機種と異なり、背面がラウンドしているbutterflyだけ少し厚いですね。

どちらを買うか迷われている方も多そうなDesire 626とEYEの比較。
基本的にはどちらも同じAndroid 5.0+Sense 7なので使い勝手に目立った差はないです。
インカメラやオーディオ機能が626よりEYEのほうが色々付いてるよ、というくらいですね。
DSC00100
Snapdragon 410と801なのでさすがに動作には差があります。Desire 626(S410)は「お?3万円でこんな普通に使えるスマートフォン買えちゃうんだ」という驚きがありましたが、さすがにS8xxのハイエンドSoCの動作と比べてしまうと差があります。

物としてはEYEのほうが良いのは間違いないですが、特にソフト面に関しては非常に差が少ないです。ここはEYEが劣っているわけではなく、良い意味で626が大サービスすぎますね。

まとめ

Desire EYEをおすすめするのはこんな人です。

・インカメラで自撮りをよくする人

・スマートフォンで音楽をよく聴く人(特に内蔵のスピーカーを使って聴く人)

・差額の2万5000円を出してでも快適に使えるほうが良いと思う人

逆に言えば、これ以外の方なら3万円ちょっとの価格に対してここまで使えてしまって良いのかというほどのUXが実現されているDesire 626のほうが満足度は高いと思います。これは両方買った者としての率直な感想。

Desire EYEも決して高い価格設定ではない、お値段に見合った性能や機能が盛り込まれた機種なのでそこは使う方のニーズ次第ですね。