LINEのホームアプリ「LINEランチャー」を試す

2015.10.18 Androidアプリレビュー ライター:__agar

Androidスマートフォンのホームアプリ、最初から入っているものを使っているという方が多いとは思いますが色々出ていますよね。私は「Nova Launcher」を主に使っています。


LINEがそのホームアプリとして「LINEランチャー」というものをリリースしたと聞いて試してみました。
と言ってもリリースされたのは先月で試してみようと思っているうちに1ヶ月経ってしまったのはご了承ください。

ちなみにこの「LINEランチャー」、先月突然登場したわけではなくて元々はCamp Mobileという会社の「dodol launcher」というアプリでした。何年か前からあったアプリです。

とは言ってもCamp MobileはLINE株式会社と同じNAVER系列の会社なので元々LINEのホームアプリみたいなものではあるんですね。名前を変えて「LINEのアプリだよ!」ってアピールするようになったって感じですね。LINE cameraが突然aillisという分かりにくい名前になったのとは対照的です。

さて、前置きが長くなりましたが始めましょう。今回はDesire 626に入れてテストしています。
Screenshot_2015-10-18-19-18-46Screenshot_2015-10-18-19-19-21
最初に起動した際の様子。ライトユーザーに分かりやすい作りになっているのはさすがですね。LINEアプリの利用者層をよく考えた工夫だと思います。

Screenshot_2015-10-18-19-19-39
最初にオススメされたのでテーマショップを開いてみました。
Screenshot_2015-10-18-19-20-08
LINEキャラクターを使ったテーマなども用意されていますね。

最初からいくつかアイコンが配置されていますが、便利な機能やユニークな機能が組み込まれています。
「ブースト」を押すと…
Screenshot_2015-10-18-19-20-32
タスクキラーでした。表示も言葉選びもとにかく伝わりやすさを突き詰めていますね。

Screenshot_2015-10-18-19-21-20
「シャッフル」は押すたびにランダムに壁紙を変えてくれる機能。色々な写真を持ってきてくれるので気分転換には良さそうですね。

Screenshot_2015-10-18-19-23-53
検索はYahoo!JapanがデフォルトになっていますがNAVERやbaiduなど日本のアプリではなかなか見かけない選択肢も。

Screenshot_2015-10-18-19-22-29
ドロワーはアプリとウィジェットの一覧が出る一般的なタイプなのですが、アプリ一覧をそのままスクロールしていってもウィジェット一覧に行かない(アプリ一覧の最初のページには行かない)のは感心。
結構ライト層の混乱を招きやすいところなので良いですね。

まとめ

ライトユーザーの分かりやすさを重視した作りになっていながら純正にはない機能も盛り込んであるなど考えられた作りです。初めて変えるホームアプリには良いかもしれませんね。