映画に音楽も?特典が増えたAmazonプライムは入っておくべき

2015.11.21 雑記 ライター:__agar

インターネット通販大手のAmazonには「Amazonプライム」という有料会員サービスがあります。
このサービス自体は以前からあるのですが、最近大きく内容が変わったのをご存知でしょうか。

Amazonプライムとは

DSC00427
年会費3900円のAmazonの有料会員です。様々な特典がありますが、今のサービス内容で主にオススメするのは3点。

・お急ぎ便が使い放題
・プライムビデオが見放題
・プライムミュージックが聴き放題

では、それぞれ説明して行きましょう。

お急ぎ便が使い放題

1344x526-shop-JP._CB329803880_
これは以前からあるサービス内容で、プライム会員といえばこのサービスをイメージする方が多いのではないかと思います。目玉機能ですね。

Amazonにはお急ぎ便とお届け日時指定便という配達オプションがあり、どちらも1回数百円で利用できます。
プライム会員になれば無料で使えるようになるので、特に希望の日時が無ければどんなお買い物も毎回お急ぎ便にしてサクッと届けてもらえるわけです。

お急ぎ便の料金は安い場合で360円なので年間11回使えばプライム会員の年会費のほうが安いわけです。
なので月1回以上Amazonでお買い物するならプライム会員になったほうがお得!というのがこれまで色々なサイトで言われてきたメリットです。

本当にそうでしょうか?「そんなに買い物しないし…」という方もいるでしょうし、「月1回は買うけど毎回急ぐ買い物というわけではない」という方もいると思います。
従来の目玉であったこの機能だけだと得する方は限られていたのではないかな、というのが私の考えです。

プライムビデオが見放題

PIV._CB310410350_
9月から始まったプライム会員向けの新たなサービスで、映画やTV番組などが見放題のストリーミングサービスです。

アニメもありますし、海外ドラマやナショナル・ジオグラフィックの番組までありかなり幅広いです。他社の有料の定額制動画サービスと比べてもなかなかいい線を行っているのではないでしょうか。

Huluや日本上陸したばかりのNetflix、それから携帯各社のやっているdビデオやビデオパスなど色々なサービスがありますが、例えばNTT docomoのdビデオの場合で540円/月、年間にすると6480円です。

Amazonプライムは年間3900円なので「プライムビデオ」しか使わないとしてもかなり安い部類なのです。

プライムミュージックが聴き放題

Music._CB288607780_
今月始まったばかりの最新のプライム会員向けサービスで、こちらは100万曲以上の音楽が聴き放題のサービス。

今年はこういった定額制の音楽ストリーミングサービスが日本でも多数始まった年でした。LINE Music、AWA、Apple Musicあたりがメジャーです。

LINE Musicのベーシックプランの場合で540円/月、年間にすると6480円なのでこちらもAmazonプライムは「プライムミュージック」だけ使っても定額制音楽サービスとしてはかなり安いです。

ただし曲数が先行する3社より劣ることと、この手のサービスは単純に曲数だけで優劣は決められずその人のよく聞くジャンルによって向いているジャンルが異なったりもしますので一度確認してからのほうが良いでしょう。
便利なことに、プライムミュージックは加入していない状態でもどんな曲があるか探すことはできます(Prime Music)。

その他の特典

上記の3つ以外にも、対象のKindle本を毎月1冊無料で読めたり、プライム会員のみ30分早く参加できる設定がされているタイムセールなどもありますのでAmazonで買い物をする上での細かな利点は多いです。

まとめ

買い物がしやすいだけだったこれまでのAmazonプライムとは別物です。
動画サービスだけで見ても安い、音楽サービスだけで見ても安い、これで従来通りお届け便も使い放題。

これだけ入って年会費はこれまでと変わらない3900円というのがすごい。どう考えてもAmazonにしか出来ないサービスです。

30日間は無料で試せますし、今ならプライム会員が「Kindle」か「Kindle Paperwhite」を買うと4000円 OFFになるというキャンペーンがあるので年会費の3900円はそれだけで元が取れてしまいます。

「Amazonで毎月買い物をする人」「動画を見る人」「音楽を聴く人」「これからKindleを買う人」どれかひとつでも当てはまればオススメです。