【ベストバイガジェット2015】MacBook Pro Retina 13インチモデル

2015.12.25 Mac・PC ライター:__agar

今日は12月25日。クリスマス、そしてAdvent Calenderの最終日です!

今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2015

今回、「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2015」なるものを開催させていただきました、GeekDays管理人の__agarです。

参加してくださった24名の方、それから「参加したかったけどもう埋まってる!」なんて声をくれた方、読んでくれた方や進捗を気にかけてくれた方、本当にありがとうございます。

何より、「スマートフォンでもPCでもカメラでもなんでも構いません」とだけルールを決めたのですが、車、バイク、楽器と主催者の予想をはるかに上回る勢いで突っ走ってくれた方々がいて嬉しかったです。
来年もきっと何かやりますのでその時はまた力を貸してください。

プレゼント当選者発表!

【募集終了】みんなで書こう!「今年のベストバイガジェット」Advent Calendar 2015


この企画の募集記事にこそっと書いていたのですが、書いていただいた24名の方の中から抽選3名にささやかなプレゼントです。
来年は2016年なので、Amazonギフト券2016円分をお送りしようと思います。

Screenshot_2015-12-24-21-37-47
厳正な抽選(※ルーレット)の結果、3日目、11日目、22日目の方が当選です!
ReaMEIZU(@reameizu)さん、ぽかり(@pkr_8)さん、とまと(@tmt481)さんにはそれぞれプレゼントをお送りしますのでお待ちください。

私の2015年ベストバイガジェットは…

では、本題のベストバイガジェットの発表に移りましょう。

まさかの乗り物系で来た方が何人かいらっしゃったので「マジかー、被っちゃったかー」とは思ったのですが、私が今年買った乗り物はこちら。
写真 2015-10-27 6 02 59
ホンダのVTR-Fという250ccのバイクです。

写真 2015-10-27 6 23 49
早朝にふらっと富士山に行ったり、

写真 2015-11-22 8 27 11
(下道で)京都まで行ったり。

インドア派オタクの生活を変えてくれたガジェット(?)です。
とても乗りやすくいい意味で気負わずに乗れるバイクなので行動範囲、というよりはフットワークがだいぶ変わりましたね。

選んだポイントはいくつかあるのですが、「高速道路に乗れて車検のない250cc」「ハーフカウル」「フレームのデザインに惚れた」といったところです。

一つ目はそのままで、250ccまでのバイクには車検がありません。あっても大した額ではないのですが維持費が安いのは魅力的です。
また、125cc以下(ピンクや黄色のナンバーの原付二種)だと通れない道路が出てきます。長距離移動にも使いたいと考えていたのでちょっと困るところです。
そんなことから250ccクラスがおいしい!と考えたのが1つの理由ですね。

二つ目はこれも割と実用面での理由なのですが、自分の使い方にはハーフカウルというスタイルが合っているかなと感じました。

バイクにも色々な形がありますが、カウルのないネイキッドと呼ばれるタイプ。
pic-color03
割と一般的なバイクのイメージかと思います。
街乗りくらいならあまり差はないのですが、高速道路などになるとバイクは結構風が辛いです。そういう場合に「カウル」があると風を受け流せるので多少楽だったりします。

ほとんどの部分を外装で覆ったフルカウルのタイプ。
pic-color01
先述のメリットはもちろんあるのですが「こういうバリバリの速そうなの乗る柄でもないな」と思ったのと、万が一倒したりするとどうしても破損個所が増えるので高く付いてしまいます。あとは覆っている分オイル交換などの際に少々手間になるものもあります。

そこでハーフカウル。
pic-color06
ネイキッドに一番風のあたる前の部分だけカウルを付けたよ、といったところです。
排気量の話に続いてこいつまたかよ、という感じですがおいしいとこ取りが大好きなので存在を知ってほぼ即決でこういう形のバイク探そう、となりました。250ccでハーフカウルのバイクというもの自体があまりないので大体車種が決まったようなものではあります。

三つ目は画像を見てもらったほうが速いと思います。
写真 2015-12-21 3 45 46
これ!このフレームのデザイン最高!
最終的にこれでVTRにするのを決めました。唯一の心残りは前年のモデルはこの三角形のフレームが赤で、そっちも滅茶苦茶かっこいいです。ギリギリまでそちらを取って中古車にするか迷いました。

DSC00520 のコピー
ちなみにデザインで言うとエンジンの下の部分のスカスカした感じがどうも気になったので、そこだけは真っ先に社外のパーツを入れていたりします。他にも何ヶ所か手を入れたところがあるので今回の記事に使っている画像に今の状態の愛車が写っているものはなかったりするのですが…ただでさえ多ジャンルすぎるブログなのでいずれそういう話も書いてもいいかもしれませんね。

他にも現行の250ccでは数少ない国内生産であること、(単気筒の車種と比べると)2気筒で振動が抑えられることなど細かい理由はあったのですが、求める条件に合う車種はこれしかない!という状態でした。
振動が少ないというのはかなり助かっていて高速道路で長距離移動するような場面でもミラーもブレなく見えますし疲れも少ないです。

実用的な理由と好みだけで選びましたがかなり満足していて、いずれ大型に乗り換えてもセカンドバイクとして絶対に残したいと思っているほどです。

R3をベストバイに選んだえふのじさん!
記事の最後でこっそりお誘いしてきたぽかりくん!
来年ツーリング行きましょうね!


前置きが長くなりましたが、ベストバイガジェットはバイクではないです。

バイクでもいいのですが最後くらいは正統派の記事で終わりたいと思いますのでデジタルガジェットから選ぼうと思います。
バイクでもいいんですよ!USBポートを設置してあるのでスマートフォンが充電できます!モバイルバッテリーです!

色々なジャンルに手を出しすぎているツケが回ってきていまして、正直何がベストバイか決められません。

スマートフォンならSH-01Hが素晴らしすぎますし、カメラならRX100M4がとても良くてブログ機材としては昨年買ったα6000を押しのけて大活躍しています。EIZOのモニターゆゆ式を見るのに最高です。とても優劣なんて決められません。

でもやっぱりブロガーとして一番大切なガジェットはこれだと思います。

MacBook Pro Retina 13インチモデル

DSC02933
カメラもスマートフォンも必要ですがやっぱりPCやMacがないと始まらないですからね。
Creator Clipのとくめいさんのようなモブログの神なら別ですが、そのとくめいさんですらベストバイにPCを選んでくる時代です。やっぱりあるに越したことはないですよ。

DSC_0154
買い換え前に使っていたのはMacBook Airです。
11インチのMid 2011、Core i5/2GB/64GBというベースモデルで、2013年の正月に初売りで買った中古品です。今年の頭まで2年ほどメインで使っていました。

SSDを換装したりしながら騙し騙し使っていたのですが、さすがにもう動作に耐えられない!というわけで真剣に買い換えを検討し始めたのが今年でした。

やっぱり次もMacで!というのは心に決めていたのですが、次もAirかと言われると1台ですべて使い回したいので性能的に厳しい、液晶も解像度が…ということで自然とPro retinaに。持ち運びも捨てたくないので13インチモデルを選びました。

どうせ買うならやっぱり特盛

見栄で選んだわけでないにしてもやっぱり”Pro”です。どうせならそれらしい構成で買いたいものですよね。
しかし、カスタマイズモデルを購入するにはApple Storeか同社のオンラインストアでの購入に絞られますし、ベースモデルと比べるとお値段の上がり方も結構なものです。

ケチくさいと言えばケチくさいのですが、購入時点(今年2月)で最新だったEarly 2014とひとつ前のMid 2013は比較的差が少ないアップデートでした。CPUがHaswellからHaswell refreshに変わっているくらいです。

だったらMid 2013のカスタマイズモデルが中古で出てくるのを待とう!と新年早々にあちこちの通販サイトで張り込みを始めたわけです。
Broadwellの2015年モデルが出た後だったら少し事情が違っていたかもしれませんね。

スクリーンショット 2015-12-21 7.53.51
結果、かなり新品に近い上に構成もSSD(512GB)以外はMAXのものを発見。無事購入となりました。

持ち運べるサイズ感に十分なスペック

DSC05278
Airの13インチモデルより小さいフットプリント、非RetinaのMacBook Proとはかなり変わってモバイルできる範囲の重量(1.58kg)とかなり扱いやすいモデルになっています。

Proと名乗ってはいるものの今のMacのラインナップ内では一番バランスの取れた万人向けのノートではないでしょうか。

ノート離れした解像度、それを贅沢に使った綺麗な表示

スクリーンショット 2015-02-26 21.50.25
と言っても最近は高解像度のノートが普通になってきているので最大の特徴だったRetinaの存在感は薄れてきている気もします。

私は「Retina?電池がもったいないしそんな無駄な解像度いらないよ、十分使えるし。基本文字打つだけだし」と思いながらMacBook Airを使っていたクチなのですが、「Retinaはいいぞ」と月並みなことしか言えなくなってしまいました。

RetinaのMacを使った人はみなさん口を揃えて「非RetinaのMacはもう使えない」とおっしゃるのですが今ではその気持ちも分かります。
文字が綺麗になるとUIも綺麗に見えるようになりますし、いかにもディスプレイという感じのカクカクした文字でなくなると長時間見る人の疲労軽減にもなります。想像以上に違う世界ですね。「文字だけだし」という人にこそ実は価値があるのかもしれません。

1台持ちの人にこそおすすめしたいオールラウンダーな1台

DSC00409
メインマシンとモバイルマシンを分けている方だと「中途半端」という方も少なくないこの機種。
1台で自宅からカフェまですべての場面をこなしたい方にはおすすめの万能選手です。

DSC05280
そう言いつつ今年は一時期、T90ChiやSurface 3、MacBook(12inch)とモバイルマシンを色々買って試していたのですがやはりPro Retina 13ならモバイルもまとめてこそですね。

外での物書きからLightroomでの写真現像まで1台でこなせてモバイルも苦にならず、SDカードもUSB 3.0もあり拡張性にも困らない優等生。あとはSIMカードの刺さるMacが出たら最高なんですけどねぇ…。
ともかく頼れる相棒です。来年はこいつで元を取りに行きますよ!

というわけで私の今年のベストバイガジェットはMacBook Pro Retinaでした!
長文になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。