「EC Technology 22400mAhモバイルバッテリー」レビュー

2016.01.07 アクセサリーレビュー ライター:__agar

EC Technology様より22400mAhという大容量のモバイルバッテリーをご提供いただきましたのでレビューします。

開封

DSC00729
箱はこんな感じ。無地のボール紙の箱に商品画像の印刷されたスリーブがかかっています。

DSC00730
モバイルバッテリー本体とmicro USBケーブル、それから下に説明書が入っていました。

外観

DSC00731
表には残量を示すランプだけが付いた一般的なモバイルバッテリーらしい形状。
黒に赤帯を巻いたカラーリングはかっこいいですね。

DSC00734
裏面には各種表記。最大2.4Aでの充電ができます。QuickChargeなどの最新技術こそ搭載されていませんが十分な性能を持っています。

DSC00735
出力用のUSBポートが3つとなぜか付いているバッテリーをよく見かけるLEDライト。
光量自体はスマートフォンのライトのほうが明るい程度ですが、暗いところでモバイルバッテリーにケーブルを繋ぐにはとっさに点けられて便利かもしれませんね。

サイズ比較

単体で撮ると「普通のモバイルバッテリーか〜」と思われそうなので他の物と並べてみました。

DSC00732
左がiPhone 6s、上が「EC Technology 22400mAhモバイルバッテリー」、下は「Cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version」です。
やはり一般的な容量のモバイルバッテリーと比べると大きいですね。

DSC00733
厚みはあまり変わらないです。重さも結構違いまして、やはり倍以上の容量だけバッテリーが詰まっているのが分かる感じです。

正直毎日バッテリーを持ち歩く人ならちょっとつらいかも!と思います。ただ、たくさん使われる方で10000mAhクラスのモバイルバッテリーを2つ常時確保しているようなら1つにまとまったほうが忘れにくいのは良いかも。

こんな使い方はいかが?

最近はこのEC Technologyさんの商品も含めて20000mAh超の機種がいくつか出てきていますが、ごく普通の「日常的な持ち歩きバッテリー」として考えるならやはり10000mAhクラスにしておくのが無難です。

ただ、桁外れの容量を持つこの機種だからこそ便利!という場面もあります。

・旅行用に!
荷物の多くなる旅行時。スマートフォンやタブレット、カメラなどのために複数のモバイルバッテリーを荷物に入れている方もいらっしゃるでしょう。

旅の荷物はコンパクトに越したことはありません。1台で22400mAhの大容量を確保できるこの機種でスマートにまとめてしまいましょう!。

・災害用に!
緊急時も情報確保や連絡など必要の出る場面が多くなる携帯電話。電源の確保は当然難しくなります。
必要になるものをまとめた避難袋にモバイルバッテリーを入れているという方も多いのではないでしょうか。

大容量かつ1つで3台まで同時充電出来るこのバッテリーなら、1つ入れておくだけで家族分のライフラインを確保できます。一家に1台ってやつですよ!

脅威のコストパフォーマンス

大きな容量を活かして工夫次第で大活躍のこのモバイルバッテリー。さらに驚いたのがそのお値段です!


なんとたったの3299円!(1月7日現在)

“なんと”と言ってもモバイルバッテリーの価格なんてよく分からない!と言われてしまいそうなので他の物を引き合いに出してみますと、同じくらいのお値段のモバイルバッテリーにはこんな種類があります。

22400mAhの大容量バッテリーなのに15000mAh前後の物と同じくらいの値段というわけです。約1.5倍の容量ですよ!?


もっと容量の大きいモバイルバッテリーも存在はしますがお値段が結構張ります。

4000mAhくらいしか変わらないのに倍以上になってしまうので、大容量と価格のバランスからすればEC Technologyの22400mAhが抜きん出ていますね。

ほぼ最高クラスの容量でありながらコストパフォーマンスにも優れている良い製品でした。